fc2ブログ

マン・レイ回顧展を見に行きたいなぁ

 東京オリンピックって、今年の夏なんですね。知らんかったー、っていうくらいに現実のこととは思えません。ホントにできるんかいな。 それよりも今年の夏の東京で羨ましいのが、こちらマン・レイの回顧展です。 大好きなラウル・デュフイを見に出張中サボって一度だけ行ったBUNKAMURA(さすが80年代って感じの名前ですよね)。 これ、初めて見た時びっくりしたっけ。涙がニセモノなのはすぐにわかるのですが、女性自体もホン...

コレクション・ハイライト②/広島市現代美術館

  コレクション・ハイライトで非常に印象に残った2つの作品。方や広島の原爆、方やチェルノブイリを扱ったものです。 これはネットから拾った画像なのですが、真ん中やや左の黒い物体、それが作品です。土屋公雄の「記憶の現在 8:15am August」。 高さ3メートル弱で、真上から見たら鍵穴のような感じでしょうか。円に四角がくっついたような。無愛想な黒い鉄の造形は、説明を見るまでは入って鑑賞するものとはちょっと気づ...

コレクション・ハイライト①/広島市現代美術館

 広島市現代美術館の2年もの休館はショックでしたが、おかげでこれまで見たことなかったものも含めたコレクションを見ることができました。また、SNSへの掲示厳禁ながらも展示の画像も撮ることが許されていたのも嬉しかったです。 後半のコレクション展はおなじみの「ヒロシマを起点として平和を問う作品」群。広島市の美術館だから避けて通れないのはわかるのですが、年の1/3くらい(特に夏は必ず)はこういう展示でちょっと重...

肖像(わたし)/広島市現代美術館

  リニューアルのため今年で一旦(2年も!)閉館してしまう広島市現代美術館に行ってきました。年間パス持ってるほど大好きなのに、2年も見られなくなるなんてものすご悲しいです(´・ω・`)。 市内中心部から1キロちょっとはずれた低い山・比治山の上にある美術館。彫刻などが配された緑の気持ちいい小径抜けて向かいます。 黒川紀章さんの手になる名建築(*´ω`*)。いつもそうですが、入る前から非日常感を高めてくれるその...

印象派への旅・バレルコレクション/広島県立美術館

 1900年前後にイギリスで財を成した海運王・バレルさんのコレクションの展示です。ポスターにもなっているドガの「リハーサル」って、どこかの展示で見たような気がするのですが、今回は初めての日本公開とか。記憶はええかげんなもんですね(´・ω・`)。 故郷・イギリスのグラスゴーに膨大なコレクションを寄贈したバレルさん。今回はその改築に合わせて日本を巡回展示とのこと。おカネもそれなりにいるんでしょう。こういうカネ...

岸田劉生展/ひろしま美術館

 展示も残り一週間くらいになってようやく行けました。岸田劉生展。 数か月前の日曜美術館を見て行ったのですが、30代で亡くなられていたこと全然知りませんでした。番組の中では有名な「麗子像」を実際に現代の画家が描いてみて比べる、ということをしていたのですが、童女をそのまま描いたものではなく地蔵といったものを描いたようだ、なんてこと言ってましたっけ。  初期創作は海外の画家の影響を受けて◯◯風みたいな作品...

海苔と印象派

 広島県立美術館の暮れ〜正月の展示は、イギリスから門外不出だった印象派のコレクションだとか。バレルさんってものすごい金持ちが「絶対自分の美術館から出しちゃダメ」って遺言残してたけど、美術館そのものの建て替え&その費用捻出で日本にもやってきたそうです。 実際もう見られないだろうものと思うと、楽しみも増しますね。ゲスいですが。 こちらは県立美術館から徒歩10分のお多福海苔株式会社さん。近所だという理由...

デュフイのクリアファイル

 一番好きな画家ラウル・デュフイの一番好きな作品「パリ」を先日見ることが出来て喜んでおりましたが、ミュージアムショップでその絵のクリアファイルを2枚買いました。 美術館で好きな絵のクリアファイルを買って会社で使うことが多いのですが、殺風景なオフィスながら、好きな絵(クリアファイルだとしても・・・)がいくつも視界に入るのは楽しいです(*´ω`*)。 同僚の中には美術館に行く人が二人(女性)いて、気がついて...