FC2ブログ

衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか?

  地元広島の書店ではなぜか目にすることが少なかった(カープ球団の横ヤリのウワサ有り(笑))本ですが、わざわざ東京の同僚が社内便で送ってくれました。って、いいのか、そんなこと。  内容は、カープ球団というか、現オーナーの独裁個人商店運営でチームが長く低迷していて、この先も見通しが暗いというお話。  もっとも、取材がなされているかは不明なので、飲み屋で我々ファン同士がカープ肴に飲むときの話以上の新...

佐々木常夫/ビッグツリー

 奥様はうつや疾患を患い、40回以上の入院と数度の自殺未遂。お子さんも自閉症、自殺未遂と、平坦ではない家庭生活を主夫として支えながら、ビジネスの場でも社長にまで上り詰めた方の手記です。  スーパーマンと賞賛されるべき氏ですが、当たり前ながら男性視点であり、次男さんからも後に指摘される「奥様へのある種の無理解」等々、決して完璧な人間(いるのか、そんなヤツ?)ではありません。  実際、この本を...

出口治明/思考軸をつくれ

 日本生命を定年後に、インターネット販売に絞ったライフネット生命を立ち上げた方の著書です。今も毎週5冊の本を読み、1000以上の世界の都市を訪問、40年以上ほぼ毎日社外の人と夕食をともにしてきた好奇心と行動力と博覧強記の人物による、思考の手法とその訓練の書。私が尊敬する、ある経済人が二度目を読み直しているという記事を読んで手にとった本です。  インプットを増やす、思考の訓練をする。自分の軸をつくる...

リリー・フランキー/日本のみなさんさようなら

 大好きなリリー・フランキーさんの日本映画雑感集。  見ていない映画が8割ですが(苦笑)、それでも2割は見ている、と勝手に連帯を感じつつ、きっと全部は見ないだろうな、と。  だって、フランキー氏自身が好きな映画を集めているわけではなく、雑誌の企画で5年間に渡って続けたコラムを本にしたものなので。  自身が書かれているように映画レビューではなく、ある映画を見て、自分がどう感じたか・思った...

吉田満/戦艦大和の最期

  「進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。日本は進歩ということを軽んじすぎた。私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れていた。敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救われるか。今目覚めずしていつ救われるか。俺たちはその先導になるのだ。日本の新生にさきがけて散る、まさに本望じゃないか」  艦長「総員上甲板」繰り返さる。寥々たる生存者。ああこの時この命令を「総員退去...