FC2ブログ

ありがとう、A嬢

 職場うつになりそうだった時期があった。  もちろん自分にも責任はあるのだけれど、部下の女性たちとのコミニュケーションで問題があって、女王様的な一人が全員を取り込んで、オレは職場で孤立したのだ。   あんなもん、誰にだって(=自分にも)起きうるということに驚きながらも、じわじわ崩されていく感じはイヤなもんだった。  「ここでやられてたまるか」とか思いながら頑張ったけれど、実際、翌年に異動にならなか...

構えない

 週末に、外出の妻を送った際、少し話をした。  それだけでも進歩。全く口もきかないことが多いので。  何を言っても、あまりまっとうな返事が返ってくることもないので、だんだん嫌気がさしてきたのもあるけれど。  こちらも構えていたんだ。裏読みされないように、余計な情報を出さないように、と、まるで手のかかる交渉相手のように感じていたので。   ふつうに話した、それだけで今のところはよし。...

やったぜ、竜平!

 新幹線の中で、10分おきにケータイで経過を見ていた昨日のタイガース戦。  敗色濃厚な中で、ドローに持ち込む価値ある一打。やったぜ竜平! てっきり代打前田かと思っていたので、うれしさもひとしお。  チームに少ないパワーヒッターで、ルーキー時代から応援(せがれのユニは松山)していたので、今季やっとの結果が出たのは素直にうれしい!  昨季に比べて、いや前半に比べても見逃し方、カットの仕方に...

酔ってカメラをなくしてしまった

 出張で東京へ行ってきました。  古いデジカメをメモ代わりに時々持ち歩いていますが、ある晩入った飲み屋で忘れてしまい、結局見つからず・・・。  データに惜しいものはあるけれど、致命的ではないのが救いですが、なくさなくてもいいものをなくしてしまったのは事実・・・。 たいていの失敗は、つまらない油断から。   気をつけないと。子供じゃないんだから。...

それはそれ

 妻はしょっちゅう不機嫌に見える。子供らも戸惑うことがあると言う。  それは理由のあることなんだろうと思っていて、さらにオレ自身にも責任はあるんだ、と。  ただ、それがどういう理由かは、よくわからない。 それで、何年もぐるぐるぐるぐる回っているわけだ。 どうも、「自分の思うとおりにならない」かららしいけれど、そう何でも思い通りになるもんじゃない。  以前、「妻の王国」という本を読んだけ...

松尾竹文が全世界の皆さんに呼びかけ・ハンドルネームで拡散します

 毎日毎日、違うハンドルネームでの訪問履歴。  誰かと思ってクリックすると、このページ。   もう、いいかげんにしてほしい。迷惑である。  怒っているのだ。...

顔をさらしてモノを言う

 このところかかりきりだったプロジェクトの社長・役員への中間報告をやってきた。  こんな前例もない仕事を少人数によく企画させる、とか思いながら、畑違いの分野に2ヶ月ほど突撃。  そればっかりやってりゃ、それなりに多少は詳しくもなるけれど、周りからは冷笑されたり、揶揄されたりと、愉快じゃないことも少なからずあった。 昨日の結果は、「方向性は良い、ビジネスとして更に検討すべし」。エライ人たちか...

おかしいのだろうか

 妻もそうだと思うけれど、互いの妻・夫以外にも素敵な異性はたくさんいる。  仕事だのなんだのと、人がいるところに出かければ、そりゃ、それなりにいる。 結婚して20年近くになってこんなこと書いてるのもクソバカなんだけれど、いつまでも新婚みたいに一生過ごしたかったんだよ。  それでも、実際に一緒に暮らし続けるのは、生活していく上での習慣の違いとか目につくルーズさなんかが、仕方なくある。  ...