FC2ブログ

開き直ろうか

   「どうしようもない自分であっても」という書庫名にしたのは、妻との関係が冷えたことに自責の念があって、それは未だに克服できていない自分の短所、「どうしようもない自分」に起因しているって、いうおもいがあったから。

   誰にだって、そんな「自分のイヤな部分」はあるだろう。ないわけがない。

   ただ、いいトシになってまで、そんなことを引きずるもんなのかは、ちょっとわからない。

   なりたい自分になろうとして、これまでけっこう頑張ってきたつもりなんだ。そして、それはある程度為し得てきてるようにも思ってる。

   けれど、愛した女性が快活な毎日を送っていられず(二人でそういう暮らしを作るはずだったのに)苦しんでいて、自分にはそれを好転させられていないんだ。実際。

   妻には妻の同様の問題があって(似たもの同士なのかもしれない)、そこには立ち入れなかった。そういうもんだろ、とか今は思うけど、その時は堪えた。

   妻は妻で、彼女自身でしかどうにもならないのなら、そこは自分でやってくれ。自分でそう言ったんだから。


   じゃあ、俺が自分でできることは何だ。表面的には、仕事も家事もやれるだけやろうじゃない。できることを増やしていこうじゃない。常識のある、知性のある、情のある、逃げない勇敢な漢になろうじゃない。それは、近くで見ている家族には伝わって欲しい。そうやって、自分のイヤな部分を克服していけば、妻との回路を開くこともいずれできるんじゃないかと。

   一昨年の夏から、特に妻との関係を何とかすることを意識してやってきたけれど、未だにさっぱりだ。ダメだ、ダメ。


   先週、妻との子供の進路について長く話した。考えていることが同じだったこと、昔のように話ができたことが嬉しかったけれど、また元通り。ダメだ、ダメ。


   このままじゃ、いつまでもこうだろう。もう結果は出たよ。

   どうしようもない自分であっても、まだ、どうにかしようという気持ちは残っている。諦めてはいないから、開き直ろうか。この方法でダメなのは、もうわかった。で、残った時間もそう多くはないだろうし。


   変わっていけ。転がれ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

homeさんは家事しなくていいよ。
問題はそこじゃないもん。
黙って抱きしめるとか、手を握るだけでもできないだろうか。

んでも難しいよね。
それだとhomeさんがとても傷つくことになる恐れがある。
でも奥様はそこを願ってるような気もするのよ。
ただ黙って受け入れてくれること。

奥様、homeさんのこと怖がってるよ。
homeさんが自分に幻滅してるって思ってるような気が。
でも当たらずしも遠からずじゃないかな。
homeさんが自分を嫌悪してるんじゃないか、って感じて自らバリア張ってるような。
傷つかなくて済むように。

私のこと嫌悪してるんでしょう?見下してるんでしょう?
私だって貴方が嫌いだから構わないわよ!

って無理に思い込もうとしてないかな
家事を分担してほしいとか、望みはその辺じゃないと思うだよ。

No title

もちろん奥様の生活態度には問題ある。
かなりある。
でもそれを見てため息をつかれるような。
諦められているような。
それが奥様を苦しめてるんじゃないかと…。

想像に過ぎないけどね。
でも時には黙って抱きしめて欲しいときがあるよ。女はね。
かなりの賭けだけど。
homeさんが拒否されることだってあるんだから。
でも根本的に、女って男の胸で泣きたい生き物だよ。

No title

えと。
Yahooブログで婚外だなんだってひとりよがりな投稿してる女性ってたくさん居るじゃん。
ああなるとお終いだと思うのよ。
周り見えてないし、自分見えてないし。
もう心は現実から離れちゃって、バーチャル感覚で生きてるのよ。
それとっても怖いよね。
奥様がそうなってなければ良いのだけれど。
特にネットへ救いを求めてたりなんか。
ネットの向こうの相手と擬似恋愛とか。
多少依存あるでしょう?今見てとれるでしょう?
お布団入っててもスマホ離さず持ってない?

No title

頑張って!!応援してます。

No title

似たもの同士。ホームさんのブログをずーーっと読んでいる私は、そう思ってましたよ
「なりたい自分」にほぼなってきてるんだから、もういいじゃありませんか、と思っていまいます。自分が自分を評価して満足すればいいんですよ
ホームさんを見てると、なんか苦しくなるのよ

No title

あきらさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

かなり近しいのでは、って思いました。「分からず屋!」「私のことバカにして!」ってなじられたことが何度かあり困惑したのですが、こういことなのか、と肚に落ちました。

スマホは本当に手放しませんねー。たとえ不愉快なことがあったとしても、バーチャルな話なら、それほどダメージに感じないかなー。

手、つないでみようかな。

No title

シャルロットさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

やり方、視点を変えながら、あきらめずに続けてみます。自分自身のためでもあるのですから。

No title

kyalaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

あぁ、そうですね。もう何年になるやら。この前にもブログやってましたし、その頃から声かけてもらってますもんね。

苦しくなる、かも。暑苦しい野郎ですわ、ほんま(笑)。

No title

内緒さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

ちっとも不愉快に思ってないので、ご安心くださいね。言われること、よくわかります。あきらさんのお話もそうですが、ちょっとずつ実践してみますね。なかなか勇気がいりますが。

No title

ならば。
きしめたり、手つなぐより先に、
「わかってやれなくてごめんな。」の一言もいいかも(*^_^*)

「お前の仕事理解してやれなくてごめんな」もあるかも(*^_^*)

ホームさんが認められたいのと同じように
奥様も認められることを望んでるように感じます

kyaraさんのコメント、私も同感。
そして私自身もありのままの自分で生きようと、それでいいんだと思いました。この場を借りてkyaraさんにお礼申し上げます☆彡

No title

JOさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

とってつけたような、またはきもちが大して入っていないものより、ちょっと時間をかけて自分の気持ちの舵をきりかえてみますね。

No title

↑!なんかお礼言われてる〜
いえいえどういたしまして
JOさん こんにちは!
ホームさんの以前のブログから、よく見聞きしておりました〜