FC2ブログ

大瀬良と津田と森脇監督



   昨日はバファローズ、いや日本のエース金子投手に完敗のカープ。

   昨年だったか、マツダでの交流戦でも完敗でした。見に行ったけど、全然打てる気配がなかったですわ。もう、球が速い、打てそうなところに全く投げない、変化球えげつない、フィールディングも抜群にいい(昨日もそうでした。キムショーの強烈なライナーへの反応!)、で、一点もとれず。


   負けは痛いですが、あれほどのピッチャーなら、あたったことに感謝しますか。あれ以上のピッチャーにあたることは、そうそうはありません。ヒットは出たんだから、課題が見つかったと思って、また出直して欲しいっす。


   広島での次のバファローズ戦でまた金子当てられたら、ちょっとカンベンですが。


   今日も連敗ストッパー役に、ルーキー大瀬良。彼の背番号14は、早逝の剛球投手・津田投手のもの。そして、バファローズ森脇監督は津田の大親友。

   カープからホークスへ移った森脇、そして病床の津田。「お前が治ったら、俺の給料を半分にしてでも雇ってもらえるように、ホークスにかけあうから」。

   若くして、思い半ばで、家族を遺して遺った津田の席を自身の披露宴会場に設けた森脇。

   元カープってことと、この逸話で、今も身内と感じて応援していいる森脇監督。今日は、14を背負った大瀬良が津田を思い出させるピッチングをするから、昨日みたいにはいかないぜ。


    で、明日はライオンズ戦。家からユニフォーム着て開門前から並んで、ビール飲みながら打撃練習見ようか。あぁ、楽しみ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント