FC2ブログ

カープ、今季最後の神宮スワローズ戦に行きました、

   北関東に出張した25日。早めに切り上げたのは、神宮球場にカープを見に行くためですわ。

   出張の荷物には、真っ赤な応援ユニフォームと応援バット。でかい荷物抱えて球場に行くわけにもいかないので、まずは宿に荷物放り込んで。

   ワイシャツも脱いで、ユニフォーム着て出かけます。フロントやロビーでチラ見されても気にしません。



   この日の宿がどういうわけか新宿は歌舞伎町の中だったため、カープのユニフォーム姿で歌舞伎町縦断して駅に向かいます。場違いには違いないのですが、そもそも球場以外ならどこに行っても場違いなのでヘーキヘーキ。

 駅でも電車でも、こんな格好は私だけでしたが、信濃町に着くとカープファンがちらほらと。これが球場に近づくとカープファンだらけ。どこのホームゲームだ。




   試合は9ー1で快勝! 球場の左半分は真っ赤に染まって、どえらい盛り上がり。私も大騒ぎして、周りの知らない人たちと仲良くなりました。「homeさん、ここが広島じゃ思っとるでしょ」と、東京オフィスの連中には呆れられますが、ええじゃん楽しいんじゃけ。

   しかし、二回目ですが神宮は熱い。関東のカープファンは素晴らしい!応援歌も息ぴったりですし、一体感とノリの良さは、旧市民球場だぜ。パラダイスです。




   試合後はおなじみの最終戦エール交換(長い)。

    それにしても、両方の応援団が相手チームのヒッティングマーチとか上手に吹けるのが、いつもびっくり。スワローズファンのスクワット応援には、こちらカープファンも大盛り上がりです。

   画像は、スワローズ応援歌と言ってもいい「東京音頭」。雨模様だったこともあって、スワローズ応援グッズの傘ならぬ本物の傘振り回して、球場全体で東京音頭。

   これ、品がないのですが私は大好きな「くたばれ讀賣」。マナー悪いながらも、大好きなのでやっちゃいます。イントロの「チャンカチャンカチャンカチャンカ♩」ってところを、「くったばれ讀賣♩くったばれ讀賣♩」と、球場全体で大合唱。たのしー。


  私自身の公式戦最終観戦は、10月5日の讀賣戦。長くカープファンを支えてくれた横山投手の引退試合にもなるでしょうから、朝から並んでいい席とらなきゃ。

  帰りの電車は山陽本線かって言うくらいにカープファンが乗ってました。たのしー。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント