FC2ブログ

坂出人口土地


   香川に出張した折、夕方少しだけ時間ができました。

   美術館でも、とか思いましたが、そこまでの時間はなく坂出駅へ。ここは、確か見に行きたかったものがあったはず・・・。

   そうそう、坂出人口土地。

   実際に香川で働いていたころは近くを毎日通ってたくせに、その存在も知らず。そうしてみると、ネットって便利だわ。

  で、駅から歩いて数分。あったあった。



   何が「人口土地」かって思ったら、地面の広さは限界あるけど高さはそうでもない。かと言ってアパートじゃなくて、コンクリートで空中に「土地」をつくって、そこを街路・居住地にしちゃおう、という発想だそうです。

   これ、言われてもイメージ湧かなかったのですが、見てやっとわかりました。

   アパートが2階から、3階から建ってるんですね。これ、コンクリート地盤の上の「地上2階」です。




   これは、路地ですわ。



   小さなお社もあって。自販機もある。路地や、路地。


   一番上に行ってみましょう。



   脇を見ると、路地裏まであるみたい。


 
   実は入居者は多くないようで、痛ましくて撮りませんでしたが廃墟になった部屋もありました。ネットにはたくさん出てるけど、あれは撮れなかったなぁ。

   
   私の住んでいる広島にある、「基町高層アパート」と同じ設計者の手による、この人口土地。背景は同様で、木造の小さな家が密集している土地を空中に伸ばし、尚且つ地盤以外は時代に合わせて更新可能(事実、広島の高層アパートは、二つの住居をひとつにしたりしてるそうで)な建築だったとか。

   新陳代謝という意味の「メタボリズム」なる、当時の世界的&野心的な建築思想だったそうです。

   そう思うと、昭和テイスト溢れる空間は、なんだか懐かしい未来。高度成長と永遠の拡張を世の中が共有してたような空気も感じました。

   あぁ、実家の団地も団地自体が老いてしまってるもんなぁ。だからこそ、結果的に同種の建物は世の中に広まらず、廃墟と化したた部屋も痛ましくて。


   こちらはリアルな地上なのですが、住人さんからは地下にあたる部分の商店街。飲み屋さん、うどん屋さん等々、ちょっとディープな感じ。少しだけ怖い感じもしなくはないですが、それを面白がる人もいるような、他にない雰囲気です。




   ここが、かつての栄えある「坂出人口土地」であることを示すようなモニュメントを探しましたが、見つけられず。さっきネットで見たら、石碑があるそうなんですけど、見当たらなかったなぁ。推進した市長さんの胸像はあったけど。


   唯一見つけたのが、これ。うら寂しくて、これもいいかな。公衆電話はもうないけれど。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

確かに少しこわい感じがするのは
homeさんの詳しい解説のせい?^_^;
実際いってみたらもっとでしょうか。
コンクリートもグリーンがいっぱいだったらいいのに。
やっぱりひとが住んでこそなんでしょうね。

No title

はのはのさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

冬の夕方だったので、画像自体が寂しかったですね(笑)。なんだか廃墟みたいに書いちゃいましたが、実際に住んでいる人もいて、失礼なことをしました。

ネットで見たのですが、当時の住宅事情からすると許容範囲だった、一戸あたりの狭さと、風呂がないという点で、なかなか厳しいようです。

当時描いた未来を現実が超えちゃったんですね・・・。でも、かつて毎日そばを通ってたけど気づかなかったものに会えて、印象に残る日になりました。