FC2ブログ

残り火も少しづつ消えていって

   昨日のこと。帰宅したら夕飯の準備が済んでいて、妻は自室で眠っていた。昼近くまで。

   今日、実家に帰っていたそうで(俺は会社に行ってきた)、夜帰ってきて、自分のものを洗濯したまま眠っている。

   俺は夕飯をつくり、妻の洗った洗濯物を干した。


   たまに、全部やってくれていることもある。体調や気分にもよるんだろう。波はあるけれど。

   俺の知らないところでストレスもあるんだろう。妻と子供の進学の話は、したことがない。子供本人とは話すけれど。あー、彼女が全て抱えてるのか。大変だろうとは思うけれど、日常会話すらないのに、そんな話題が出ようはずもなく。

   会社から帰ってから近所のスーパーへ歩きながら、そんなことを考えていた。そういえば、互いの気持ちが動いたような、何か嬉しかったことや悲しかったことの話を最後にしたのはいつだったっけ。

   冗談抜きで、もう10年もしていないかもしれない。いや、その間にはいろいろあったから、関係が壊れてから、となると7年くらいか。まぁ何年だろうがどうでもよくて、改めて、夫婦でもないんだな、って。

   信頼もされてないんだろう。今に始まったことじゃないけど。

   お互いにいなくなったところで、大したダメージもないだろうな。あぁ、とっくに終わってたな。


   去年の今頃、妻の誕生日を巡って一悶着あった。関係の修復をしよう、と彼女に言ったけれど、ひどい目つきだったな。あれでもう諦めがついたんだ。

    今年、妻の誕生日は滞りなく終えた。子供らが頑張ってくれて楽しそうだったけれど、そのくらい。俺は早く帰宅して夕飯を作ったり、それなりにいろいろやったけれど、特に何も反応はなかった。


   残り火も少しづつ消えていって、妙な落ち着き。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

逃げよう逃げよう、解放されたいっておもってるわたしと違って
長い間ずっと頑張ってるなぁ。
離婚は夫婦ふたりの問題だとおもってたけど、子供や親せきにも
余波があって
気持ちでは理解されてもなかなか難しいことなのだとおもいました。ふたりの心の残り火が小さくなっていったとしても
homeさんが父親として頑張る姿には敬意を払ってくれるといいですね。

No title

2015/1/25(日) 午前 4:44の内緒さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

あー、そんな感じですね。時々、憎まれてるのかなって、思うこともあるのですが。今日もそうだったな。

人の披露宴に出たのですが、こんな感じになるなんて、あの頃は思わなかったなって、ぼんやりしてました。

No title

2015/1/25(日) 午前 5:50 の内緒さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

こういう寂しさにも慣れてきました、って、それでいいのか。もともと一人だったしなぁ、とか妙に納得したりして。

今日も、けっこう殺伐としたやりとりがあったんですよ。あぁ、もう一緒にいない方がいいのかもしれません。

No title

はのはのさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

夫はもうダメですし、仲のいい夫婦でもなくなりました。その点は子供らにも、妻の両親にも申し訳なく思っています。

この状態でベストを尽くすって、どういう形なのか。自分でもよくわかりませんが、チンケな給料ながら家に入れられる間は、まだ生きてる値打ちがある、って思ってやってます。