FC2ブログ

エコール・ド・パリ  パリに咲いた異邦人の夢/はつかいち美術ギャラリー



 広島市内中心部から路面電車で30分の廿日市(はつかいち)市。その市役所の中の小さなギャラリーで、北海道の美術館からお借りした作品を中心の展覧会がありました。

 路面電車で30分、JRなら20分弱かいな。のんびりしてるのもいいかな、と路面電車に乗ってみます。

 世界遺産・宮島行き(対岸から船で10分)なので、日曜日なのもあって観光客っぽい人がいっぱい乗ってました。正直、宮島行くならJRの方が速いですが、これも広島観光の一部って感じでしょうか。


 すげー久しぶりに宮島線に乗ったのもあって、ICカードをかざすのを忘れて降りてしまった。電車賃払ってないや。あーあ、行っちゃった。



 市役所までは10分程度。最近「ケンダマ発祥のまち」とかで売り出してるので、こんなオブジェが建ってます。



 市役所にも堂々ありました。




 「エコール・ド・パリ」・・・「パリ派」って意味だそうです。フランス語って、なんかカッコいいですね。第二次大戦前のパリに集まった多くの若い画家さん達。フランス以外からの人も多く(日本人含む)、感性と技術頼みの世界でなおかつ異邦人の孤独も含んだ絵の数々、だそうです。


 ジュル・パスキンさん。エロい、と言えばゲスすぎますが、生々し過ぎないセクシャルな印象の絵が続きます。知らなかったのですが、若いころにモデルしてくれた画学生の女性(のちに画家となる)を奥さんにしながら、画家仲間の奥さんと恋愛関係になり、どちらの女性の絵も残しています。

 で、奥さんをとられた画家さんは画家さんで、自分の愛人の絵を描いてたりして。当然、みなさん普通の家庭人なんかであるわけがないのですが、美しいもの、人間の表現に命を削る人たちってのはすごいなぁ。



 ヴラマンクさん。これまでに何度か見ましたが、どの絵も厳しく、重たい印象です。今日も。なかなか画家の作風や名前とか覚えられない(その気も薄い)のですが、この人は特徴ありすぎて覚えられました。



 キース・ヴァン・ドンゲンさん。こういう絵って、なんか好き。一歩間違えれば危ないほど艶やかな女性を描いたのでしょうか。他にもこの人の描いた絵がありましたが、描かれた本人がホントに喜んだのか(喜んだんでしょうが)わかんないような、内面が出たような肖像画でした。まぁ。100年前(!)の絵を今の目であれこれ言えませんが。


 他には藤田嗣治、キスリング、シャガール、ルオー、ローランサン等々と、有名どころもたくさんありました。市役所の一部であり大きくはないですが、立派な施設でした。はつかいち、エライなぁ。






 帰りの電車では、行きの清算ができてなかったので、車掌さんに謝りながら往復料金払いました。てへへ。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんわ☆

先日はありがとうございました。

こちらは市役所に併設された美術館なんですね?
気軽に芸術に触れ合える施設があるなんて、《意識高い系》の市ですね。
素晴らしいです!!

No title

アンタレス☆さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

私も知りませんでした(笑)。初めて行きましたし。普段は何飾ってるのかわかんないですが、「意識高い系」なのかもしれません。「世界遺産とともに歩む町」とか看板出てて、世界遺産なんてあったっけ?とか思ったら。宮島のことらしいけど、あおれは宮島町であんたんとこじゃないやろ。これでも意識高い系かいな。

No title

こんばんわ☆

…またお邪魔してしまいました(^^;

安芸の宮島、写真や映像でしか見た事ないのですが、素晴らしい所ですね。
1度訪れてみたいと思っていますが…なかなか(^^;;

近くの自治体の世界遺産に便乗しちゃうちゃっかり加減、面白くて好きです(笑)

ま、意識高い系ってことで(笑)

No title

アンタレス☆さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

安芸の宮島はなかなかいいとこなのですが、小ぢんまりとしております。実際、広島観光なんて、そんなに見るものもないので、ちょっと申し訳ない感じもいたします。

今思い出しましたが、はつかいち市はボートレース場を持っているので、お金もちでした。そうでした。文化は金持ちがやるもんでした。

ボート場の名前は「みやじまボート」。やっぱちゃっかり系じゃん。

No title

はつかいち美術館、素敵ですね~☆
エコールドパリのポスターの横にあるせいか 大きなけん玉もフランスの何か?とおもうぐらいカッコいい!
キスリンクとシャガールはわかります。
キスリングのような絵を描く人がいて先生がよく説明してくれるんです。
ジュル・パスキンさんも雰囲気あっていい☆

No title

はのはのさん、こんにちは、コメントありがとうございます。

コンパクトなスペースでしたが、大きな美術館に伍してやっちゃう心意気が素晴らしいと、素直に思いました。地方の大きくはない美術館同士の連携企画みたいで、応援したくなりますよね。

料金は普通だったので、気分よく支払いましたわ。

キスリングさんって、このポスターの絵の人ですね。他の絵でも、人形のような、または異様に強い瞳の女性で。こんな絵を描かれる人が身近にいるなんて。そこに驚く私。すごいなぁ。

パスキンさん、東京で見に行こうしたけど行けなかったんです。地元で見られるなんて。