FC2ブログ

そういえば極端なタイプAだった

学生の頃、心理学を専攻していてレポートを書くための被験者をしょっちゅう探していました。

決して面白い内容ではないため、やりたがる人も少なく面倒だったのですが、私本人が一番被験者として重宝がられていたのを思い出しました。

なんでも人間をA・B・Cに大別する見方があって、私はそのタイプAの非常に顕著な奴だったからだそうです。偏差グラフの一番右に数%しかいないほどの。

なんだ、タイプAって? その頃もそう思いましたが、ネットから転載。

タイプA行動パターン
1.目標達成欲求が非常に強く、しかも決して満足しない
2.競争心・攻撃性がたいへん強い
3.常に周囲から評価されたい。出世欲も強い
4.常に多くの仕事にのめり込む。その結果、いつも締切りに追われている
5.身体的・精神的活動の速度を常に速めようとする(早口、早足、早食いなど)
 結局タイプAは、一つの仕事をクリアしても満足せず、もっともっと仕事をこなそうと頑張るため、常に不全感に苦しめられ、心身の疲労やストレスを蓄積させやすいタイプと言われています。また周囲の人にも自分と同じ高度な目標達成を要求するため、ストレスを与え、周囲のQOL(Quality of life 生活の質)やAOL(Amenity of life 生活の快適性)を損なう可能性も指摘されています。 


うーん、そう言われるとそうかもしれないけど、結構ぐうたらなのですが。

周囲の人にもストレスを与えるのか。イヤな奴だなぁ。


このところのストレス。あまり向いていない部署で頑張ろうとし過ぎた(で、できなかったので辛く感じてた)のは、自分がこの「タイプA」性向なのかとすれば、得心もいくように思います。


6連休の3日目。昨夜早く寝たので今朝は早起き。肩の筋トレ(結構ハードにやれた。こういうのもタイプAなのか?)とジョギングの後、朝風呂にゆっくり浸かって、いい感じでほぐれました。

昨日キレイに掃除した自室で横になって。畳が気持ちいいなぁ。

仕事のことを少し思いましたが、振り払って。休もう、今回は。それがなかなかできなかったから、こうなったんだから。

言うほど出来てないのが現実で、それを無理矢理なんとかしようと焦って焦って。寝る時間もずいぶん削って、冗談も言わなくなって。周りにも気を遣わせてたことだろう。自分は一生懸命なんだと、反省もせずに。自分がは正しいと勝手に思い込んで。


まだ3日目。総括めいたこともやめよう。休もう、とにかく。本来のぐうたらを堂々と楽しもう。


曇り空の広島。雨の心配はなさそうだけど、景色を楽しむような天気ではないなぁ。電車で呉に行こうかな、は明日にしよう。

ギターかついで広島港あたりの公園で、海見ながらギターで遊ぼうかな。路面電車でのんびり行って。昼からビールでも飲みながら。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

広島港・・宇品ですか
4年前、母の見舞いに広島に帰った時
姉がもういつ何があってもおかしくないから早めに会っといた方がいいよって言うからお見舞いに。

そのときはまだ話しはとんちんかんでも体は元気そうだったので安心してあちこち食べ歩きの旅になり(^_^;)
姉夫婦に宇品の牡蠣小屋に連れてってもらいました。
広々した公園の様なところでちょっと目を引くおじさんが楽器(何だったか忘れた)で「ひまわり娘」を演奏してました。
寒い寒い1月の海辺の公園で・・
残念ながら聞き惚れるほどの音ではなかった事は覚えてる(笑)

1月だったから寒かったけど今頃ならいいでしょうねぇ🎵
小さな子ども達も走り回ってて楽しそうでした(^^)

No title

シャキッと!さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

宇品・カキ小屋の記事、以前に拝見させていただきました。切なく読ませていただいたのを覚えております。

宇品、段原といった「戦後」の残っていた地区はすっかり再開発され、かつての面影はほとんどなくなってしまいました。それは今を暮らす意味では正しいことですが。

広い公園、ありますよね。今日、行こうとしておりました。都合で別なところに行ったのですが、シャキッと!さんに少し申し訳なく思いながら。

No title

自分を客観的にみれるようになって良かったですね(*^_^*)
少しリラックスできてるのかも。
調子の良い時は好きなようにするのがいいけれど、そうでないときや周りと噛み合わない時はちょっとバランスをとりましょう。
がむしゃらな感じと思ってました、タイプAというのですね。
ぐうたらとはおもいません、本物のぐうたらであるわたしがいってます(笑)

No title

はのはのさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

おかげさまで少しリラックス出来てきました。ちょっとづつ、ほぐれていくような

自分を客観視、言われてみたら出来ていなかったなぁって、しみじみ思いました。周りからも困った奴でしょう。

こんな風に休んだこと久しくなかったので、休み方・バランスの取り方のきっかけになればと思いながら過ごしてます。