FC2ブログ

Wicked Wine/Lee Ritenour


Lee Ritenour - Wicked Wine

 貴公子(古い)リー・リトナー。

 この曲めっちゃ好きです。ほっといたら、1時間くらいやり続けそうなリラックス感。聴き流しそうなスムースさですが、よーこんだけ持たせるなと驚く引出しの多さ。

 一部を除いてとっつきやすいので、真似事をちょいちょいするのですが、途中からマラソンみたいにキツイです。私ごときには。


 しかし、イイ。私ごときには、次がどうなるか全然読めない曲なのですが、BGMにもなりそうなくらいのスムースさ。

 貴公子(古い)の実力は大変なもんですわ。

 そういや、杏里と結婚するとかしないとか言ってたのは、ガセだったのかな。どうでもいいか。さすが貴公子(古い)。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
リー・リトナーは杏里と婚約はしましたが、その2年後だかに破局したらしいです。

この人は、私が学生時代からいました。はやりのAORというジャンルでした。デイブ・グルーシンやボブ・ジェームス、ラリー・カールトンなどほぼ忘れかけていた名前を思い出しました。

またよろしくお願いいたします。

No title

私もこの曲をキーボードでコピーしました高校生のとき。流行りましたね。キャプテンズジャーニーとかジェントルソウツとかキャプテンカリブとか?

No title

Oyajiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

そうだったんですか(笑)。婚約まではホントにしたんだ。「キミは東洋の真珠のようだ」とか言って口説いたんでしょうね(笑)。

リトナーさんは「バターのようなフィンガリング」って言葉を残してまして。決してスムースなフィンガリング、ピッキングとも思えないのですが、個性的なギターです。不思議だなぁ。

No title

tetsuo aspicさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

キーボードでギターの旋律をコピられていたんですか?凄いですね。

ジャズロックみたいなジャンルを商業ベースに乗せた、特に花形楽器のギターでそれをやった功労者はこの人なんでしょう。ルックスもポップさも。

誰もやってなかったからとは思いましたが、キメが過剰であんまり好きに慣れませんでした。このアルバムは違ってましたので好きです(笑)。