FC2ブログ

久しぶりに俺は泣けたんだ

 クソバカみたいな話である。
 
 だからこんなとこにしか書けないし、誰にも話してない。若いころからのともだちと飲みもしない限りは。
 
 
 久しぶりに俺は泣けたんだ。
 
 酔った帰り道だった。一人で歩きながら。
 
 ごくたまに、そんな気持ちになることがある。
 
 自分が小さな子供だった頃にも、なんだか不安で。自分の小ささ、頼りなさを感じて。
 
 親はありがたかったなぁ。逃げ込めたもん。うまく伝わらないことも少なくなかったけれど、あの頃の親も若かったから、仕方なかったんだろう。でも、懸命なのは伝わってたよ。くらしを守ろうと、家族を温めようとしてるのが。
 
 いいトシになった今も、自分の小ささ、頼りなさをしばしば感じる。それでも、この野郎、って、やり返そうって、ぐっとこらえて。
 
 それでも、大してうまくいってもいない自分が情けなくもあり、なんだかまるで小さな子供のようにいじらしくもあり。それでも、そんな気持ちなんて、どうっちゅうことはなくて、酔ったおっさんがふとセンチになっただけで、美しくもなくて。
 
 いろいろと、情けないこと、そんな中でも少しは戦果が挙がったりもあって、あぁ、オレだって頑張ってるんだぜ。
 
 女性陣からシカトされてしまって職場うつになりかけた時(あれはひどかった。さすがに可哀想だと見られてみられていたらしい)に、ただ一人味方になってくれたA嬢、ありがとう。あなたの結婚式に呼んでもらったことは、あのクソみたいな一年の中の、数少ない幸せな思い出だったよ。本当に、ありがとう。
 
 「オマエは男だと思っている」と言ってくださった、尊敬するM部長、ありがとうございました。
 
 だから、今日も立っていられたのだ。
 
 
 久しぶりに俺は泣けたんだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

あふれ出る涙は出したほうがいいそうです。
人生、ずっと昇り調子が続くわけないですよ
たまにはそういうときもありますって!
ホームさんは真面目だから、うまくいかないと自分で背負いすぎてしまうんじゃないですか?
ときにはテキトーにやってしまってもいいと思いますよ。
できないことはできないと白旗あげてもいいでしょ ぜんぜんかっこ悪くないですってば

No title

男だからって泣いちゃいけないって事は無いですよ。
そういう時が有っても良いじゃないですか。
こういう記事でたまにガス抜きもしないとね。
仰りたい事は100%とは言えなくても大分伝わったつもりです。
凹。

No title

kyalaさん、ありがとう。そんなにマジメでもないのですが、ちょっと白旗っす。(笑)。そうだ、揚げていいんだ。

No title

悪人さん、ありがとう。泣かない男はいない、そう思いたい。久しぶりに涙が出てしまいました。