FC2ブログ

超・機動力野球炸裂


 カープと言えば機動力野球が金看板ですが、その頂点は古葉監督時代、優勝争いの真っ只中のドラゴンズ戦の終盤にキメてみせたヨシヒコと今井のダブルスチールだと思ってました。

 誰もが予想しなかった。古葉さん自身が試合後に「あれは近代野球のお手本にしてほしい」と語ったあのプレイが、赤ヘル機動力野球の頂点だったと。

 今日までは。


 まさか、セカンドゴロのエラーで一塁ランナーがホームインするとは。

 まさか、セフティバントが外野まで転がり、一塁ランナーが三塁まで行くとは。


 ヨシヒコと今井のダブルスチールの輝きは失せないながら、(エルドレッドや松山のような)走塁のスペシャリストではない選手たちまでもが次の次の塁をどんどんかっさらう今のカープこそ、超・機動力野球。

 かつて古葉さんが築いたスタイルが、ここまでのものになったのか、と感激の今夜の勝利です。

 ジャイアンツの選手、申し訳ないけど凄くスローモーに見えて。

 もう、ちょっと、他のチームは追いつけないんじゃないか。このスタイルに。ノーガード打ち合いに一歩も引かないベイスターズ以外は。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント