FC2ブログ

カープ、一岡の快速球で主導権渡さず



 お盆でも出勤(´・ω・`)。聴きながらの帰宅は打つわ打つわ。

 タイガース小野、メンデス、どちらもいい投手でこんなに点がとれるとは想像しにくいほどなのですが、途中から集中力も欠いたような守備もあって、序盤で9点差。

 が、カープ野村も6失点では締まりません。じわじわと迫るタイガース。9点差ひっくり返された展開を思い出します。

 それをすぱっと断ち切った、一岡の快速球。タイガースの上位打線を三者三振です。 大山へのインローの速球、西岡へのすごい落差のフォーク、福留へのインハイ速球。どれも素晴らしかった。ラジオ聴きながらしびれましたわ。

 その前にタイガースの若い投手に三者三振くらってあちらペースになってたのを引き戻しました。

 派手な打ち合いのようなスコアでしたが、若い投手のせめぎあいでもありました。


 終盤の展開を凄まじい形相で乗り切る一岡と中崎、普段のほのぼのぶりとは別人です。

 一岡、カープに来てくれてホントありがとう。



 緒方監督、残り数試合になっても同じことを言うんでしょうね。頼もしいです。

 眼下の敵、タイガースとの三連戦。まずアタマをとりました。明日は藤浪の再起戦ですが、叩いておきたい相手です。

 今夜もありがとう!明日も頼むぞ、我らが広島東洋カープ!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント