FC2ブログ

タクロー&河田さん、ありがとう



 東スポの記事なれど、事実です。

 そして、悲しい事実でもあります。

 
 暗黒中の暗黒時代だったTBSベイスターズでの引退強要を拒み、自費でハマスタを借り切ってファンに別れを告げたハマのタクローは、カープで赤いタクローとなりました。

 非常に稀なケースですが、前在籍球団でのヒッティングテーマをカープでも使い、ハマスタ初登場&ラストゲームでは球場全体がタクローの名を呼んで。

 新井が去ったカープは、結局三塁の穴を埋めることができずもがいていたのですが、一度は引退勧告を受けたタクローがフルシーズンとは言えなくとも、どうにか凌いでくれたのです。

 大差で負けている試合の終盤でも、厳しい球をカットしてカットして、後を信じて四球を選ぶ姿にどんだけシビレたことか。

 もう、わざわざ「赤い」なんてつけなくても、カープのタクローでした。現役晩年に移籍したのもかかわらず、ハマスタで為し得なかった引退試合をマツダで行って。

 まさか引退してからもカープに残ってくれるとは思いませんでした。点のとれるチームになったのは、打撃に関してはタクローのおかげです。

 全然点のとれなかったカープが本当にしたたかになったのは、タクローのおかげです。心から。


 河田コーチ。小柄で俊足の好選手でした。いかにもカープ好みの。が、こうしたタイプが少なくなかったのも事実。前田、金本、緒方のいる外野陣にはなかなか食い込めませんでした。

 が、少ない出場機会で目一杯のプレイは、本当に赤いユニフォームがよく似合ってた。

 ライオンズの人になったなぁ、でもコーチであんなに長くやれるなんて河田の優秀さの証明だろうと、元カープ選手として嬉しかったもんです。

 新井以後埋まらなかった三塁でしたが、本塁突入のGOを出す重要な使命を帯びた三塁コーチもまた埋まりませんでした。

 緒方も、高も、タクローですら「壊れた信号機」呼ばわり。現役時代、高い走力と判断力だった彼らだったのに。彼らのイメージと実際に走ってる選手の能力にギャップがあったのでしょうか。

 そこへ河田。キャンプの映像では誰よりも動いて、大声を出して。現役時代の突貫小僧ぶりそのままに。

 元々、肩や足の能力が高い選手を集めるカープですが、河田登場以後飛躍的に延びたように思います。「次の」塁を目指すのが「赤ヘル機動力野球」だと、かつて古葉さんもヨシヒコも言いましたが、河田コーチは「次の次の」塁を目指させました。

 全員に。

 エルドレッドや松山までも。


 長くなりました。タクローと河田さんが変わりつつあったカープを本当に変える大きな力になってくれました。

 そしてチームみんなで、夢にも思わなかった連覇を成し遂げてくれました。

 来年からは、対戦相手のベンチにいるのかもしれません。それでも愛するカープOBとして、連覇の大恩人として、これからも応援し続けます。

 深い感謝と敬意をもって。


 タクロー、河田さん、本当に本当にありがとう!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

痛いですね。
監督が武骨者だけに貴重なパイプ役でした。
ちょっとかわる人材がいない二人です。
選手が大人になったとはいえ…いや痛い。
でももう送り出す花道をつくるしかないっすね。

No title

カープを強くして 来期は違うチームを立て直すんでしょうか・・

No title

太郎さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

いや、痛いです。代わりねェ・・・いませんよね。前田が打撃コーチ?赤松が守備走塁。いや現役か。廣瀬は解説一年目だからないでしょうし。

大穴で梵やキムショーとか。

ないか。

キムタクさんが生きてりゃ、ねぇ。

No title

シャキッと!さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

お二人とも東京のチームが取りざたされておりますねー。おっしゃる通りに他のチームを立て直すんでしょうね。

ますます勝つことが簡単ではなくなっていきますが、強くなっていくとはそういうことなのかも。これまでそんなことなかったので、戸惑いますが。