FC2ブログ

そりゃ、簡単にはいかないよ

 妻との関係を修復しようとしているわけだけど、こういう話はなかなか人に相談もできず、閉鎖したものも含めて、ブログだのに書いている。
 
 学生時代の友人と話すと、連中も大なり小なり問題を抱えていた。どいつの結婚式にも出たので、「あんなに可愛い、きれいな奥さんなのに、うまくいかないとは」と驚くと、「お前も同じだ」。そりゃそうだ。
 
 クソバカみたいだが、浮気もせず、カネをきちんと入れ、クリアで無駄遣いもせず、子供の面倒(おしめも食事も寝かしつけも洗濯もやってきた)、家事も手伝って(今も週末のメシはやってるし、洗濯も)・・・、と続けることが愛情表現だと思っていたのだ。
 
 こんだけやってりゃ、そうそう不満もないだろうと。
 
 まだ足りないのか、そもそも、そういう了見が間違っていたのか。
 
 免罪符のようにやってきたわけでももちろんなくて、パートナーなら、彼女の負担を減らしたいという思いだったんだけれど。押し付けがましさや、相手のなにかをなじるような悪意めいたものも感じられたことがあったかもしれない。実際、意地になってみたりという時期もあったし。ダメじゃん。
 
 話も聞き役でいようと努めたつもりだったけど、いろんなことが自分で思うほどはできていなかったのかな。
 
 いつの頃からかセックスレスにもなり。
 
 これは堪えたなー。別にセックスがしたいだけ、ではもちろんなくて、パートナーとの愛情を確かめあうことだと思っているのだけど、ノッてもらえないのは、何か否定されているようで。
 
 前にも書いたけれど、そういう中で女性と接する機会がはからずも結構あった。
 
 けれど、不倫関係には至らず踏みとどまった。自分にはとても維持できそうもなくて。あれは大変そうだわ。友達でいましょう。オレには無理だ。
 
 それでも生身であり、煩悩の多い自分。実際、うまくいってることの方が少ないのだ。
 
 悩んで、悩んで、悩んで。
 
 結論は、「妻の笑顔をもう一度見る」。
 
 これだけ。
 
 わしが男塾塾長、江田島平八である。以上。
 
 
 自分が悪かったとは思っていない。そりゃ、期待には添えなかったかもしれないけれど、オレなりに誠実にやってきてるんだ。失敗も多かったが、反省はあっても後ろ暗いことはない。
 
 媚びるわけでも、自分を曲げるわけでもないつもり。
 
 ただ、これまであれこれやって、悩んで悩んで、それで、昨日よりちったぁマシな明日にしたいだけだ。それが実現しなくとも、そういうもんを目指してやっていくことにしただけだ。
 
 どうせダメでも、せめてその方向向いたまま倒れた方がいいんじゃないかって。
 
 それは、せめて子供らだけにはわかってほしいから。
 
 そうだ、そうなのだ。
 
 
 そりゃ、簡単にはいかないよ。でもやらなきゃ。このスタイルを選んだんだから。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント