FC2ブログ

素晴らしき敵、スワローズ

 大竹の泣けるほどガッツある投球。
 
 130球オーバーでの151キロは、かつての大竹ではなく、兄貴分・黒田のそれでした。

 今村の被弾は責めません。9回ウラだったから目立つのであって、9イニングで2点づつとったわけなので。

 その今村を暖かく迎える大竹。
 
 彼自身の人柄を活かした、黒田とは違う精神的支柱になっていることが感じられ、改めてカープファンであるうれしさを感じます。
 

 それにしても、スワローズ。
 
 本当に、本当にあきらめない奴らです。実にしぶとい、手ごわい。
 
 そして、素晴らしい! 最後までどうなるかわかりませんが、決してあきらめない素晴らしくタフな野郎どもとCSを争えて幸せです。
 
 もし負けたら、全力で応援させてもらうけど、CSに行くのは今年はカープだぜ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント