FC2ブログ

九里、中19日をはねのけて4勝目



 九里が本当に安定してきました。雨の影響で登板予定が狂いまくってたのに序盤3回は無安打、1イニング12球程度での立ち上がり。すげえ、黒田かよ。

 去年あたりまでは序盤にホームラン喰らうこともしばしばでしたが、低めへの制球がモノになりつつあるようで、頼もしいです。

 派手さはないのですが、先発陣の中では少なくと5回は計算できる存在になってきたのではないでしょうか。これもアドゥワやフランスアといった回跨ぎのリリーフができる投手の台頭のおかげ。先発以外はほとんどやらされてたポジションを九里一人でまかなってたのも、やっぱりどうかしてたし。

 試合は拙攻のドラさんに対して、ワンチャンスをものにしてリードを保ったまま、終盤の追加点で突き放してのカープ快勝。


 打っては、左対策のバティスタ、誠也の負傷の代役・下水流の急造4・5番がどちらもタイムリー。この日ベンチの竜平もタイムリー。

 この記事で緒方監督は「層の厚さなんて関係ない。下水流もみんな必死でやってる」と結んでました。

 リーグ2連覇のカープですが、日本シリーズもクライマックスシリーズも勝てていないのが現実。まだまだ挑戦者です。緒方監督の意気や良し。

 最後まで点を取った今日も、「最後まで殴り続ける」野球でした。カード勝ち越しはしましたが、3タテ目指して明日も殴り続けてくれ。そして九里、よくやった!

 広島の被災地を寸断した道路網は復旧のめども立ち始めて、復興とカープ快進撃が共鳴する土台が整い始めています。だから明日も頑張れ、我らが広島東洋カープ!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント