FC2ブログ

暑いマツダで地元を励ます菅野攻略


今カード初戦の大ヒーロー・下水流のこの笑顔。

 実にいい男ですねぇ。

 さて、2戦目の昨夜も競った試合をモノにしてくれました。しかも、日本のエース・菅野を中盤までで攻略。


 6・7・8番の下位打線が全員3割という、切れ目ない打線。暑い暑いマツダスタジアムでは、更に相手投手は投げにくいことでしょう。

 決勝打の會澤はヒロインで被災者に向けて「・・・助け合い、支え合って、ともに戦いましょう!」と頼もしいセリフ。さすが選手会長。しかも前田似。

 仕事中だったため、経過をちょいちょいスマホで見るだけだったのですが、菅野は序盤から球数も多くいつもの彼ではなかったような感じでした。

 

今季ブレイクのスピードスター・野間の鮮やかなタイムリー。しかし、コンマ数秒のミートを目で捉えてるんですね。やっぱ野球選手は憧れです。

 野間、レギュラーを獲りかけている中での故障が心配です(´・ω・`)。しかし、彼が3割打つようになって、野間・丸・誠也の打って走って守れる外野陣って、前田・金本・緒方を彷彿とさせます。あんな顔ぶれの再現なんて、二度とないと思っていました。


若大将・大瀬良。4失点ながらも自責は1。涼しい東京ドームでは投げ負けましたものの、暑いマツダでは勝ちました。以前はしばしばあった脱水での途中降板、例年以上の猛暑(&夕凪の町・広島が本拠)でありながら、今季はほぼなくなってます。日頃の管理も怠ってないんでしょう。星野源似の優しい大男は、球場で14番ユニの多いこと。



 
 緒方監督、選手起用が当たりまくりです。監督の用兵や采配で勝ったと思う試合ってそうはないと思うのですが、素人の私が見てもハマりまくり。

 
 後半戦の救世主・フランスアは支配下登録後即座にブレイク。中崎のクローザー起用に始まり、薮田のブレイク、野間の覚醒、岡田の指名、タナキクマルシステムの完成と、マネージャーとしての緒方はもっと評価されていいと思うのですが。

 さて、本日は球場に見に行けることになりました。多分今季唯一ですので、江夏ユニで行こうかな。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント