FC2ブログ

カープ、讀賣にラッキーな勝利


 6回まで無失点という大好投の床田の足を引っ張るサードゴロトンネルをやらかした安部ちゃん。元気者(そういや最近、覇気って言わないなぁ)の彼ですが、このところ守備のミスが多くて、ファンとしても辛いところ。


 次のイニングで勝利を決定づける2ランホームランで汚名返上。よく打ったと思います。

 が、ミス直後に懲罰交代をやらない緒方監督にいつも感心。前田が「緒方さんが一番怖かった」とも言ったほどの熱血漢ですが、表情を顔に出さずに辛抱する名監督です。もちろん厳しいのでしょうが、感情的な起用が少ないのは選手もプレーしやすいんではないでしょうか。

 まぁ、めっちゃ怖いマネージャーだとは想像しますが。


 昨日も大好投の、還ってきた男・床田。三度も満塁を凌ぐのは尋常ではありません。投げミスの少なさは他の投手の手本ですわ。彼が出てこなかったら、今季どうなっていたやら。


 いつのまにか首位打者になってた、我らが4番・セイヤ。やっぱり背番号1は苦しい時でもチームの希望です。しっかし、すごい体になったなぁ。


 ヒロインは勝ち越し点の二人。浅い浅い犠飛を打った龍馬と、タイミング的には「絶対アウト(ラジオ解説の隆造が言ってた)」で走った曽根。

 結果オーライとは言え際どいプレイで、ええんかいなって思ってますが、売出し直前の曽根が目立ったのはいいことです。ホークス育成出身ということで実力は充分(あそこ凄いわ)。カープ好みのスピードに加えて、可愛い顔立ちは次の人気者候補。彼のユニ姿の女性、増えてきたし。

 試合終了からヒロインまで少し間があった昨夜。さすがに安部ちゃんは辞退したのかな。

 借金は2に減りました。今日のジョンソンはある意味彼のシーズン序盤ラストチャンスかも。讀賣を叩いて連勝してほしいなー。

 広島市内は大変な五月晴れ。地元の期待を背負って今日も頼むぞ!我らが広島東洋カープ!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント