FC2ブログ

ギター。フレット交換の下見

 元々は25万円くらいのギターで、ある方から譲ってもらったものです。不人気のテレの上、フレットがめちゃ減りだったので、楽器屋に持ち込んだら9千円しか値がつかなったとか。

 「1万でいいから」って言われたけど、申し訳ないので2万円で譲ってもらいました。それでも安いけど。

 しかしフレットは減る一方。当たり前か。
blog_import_5ce6ee19ca5b6.jpeg

 4万くらいからが相場ですが、個人工房で1万4千円くらいでやってくれることを見つけたので、夏あたりにそこに頼むことにしました。ついでに初代テレの配線になってるのも普通のものに直してもらいます。こんなん全然できないもんで。

 ブリッジも変えようかな、この際。いくら見た目が良くてもオクターブチューニングはやはり怪しい。まぁ、そんなにわかんない耳なのでええっちゃええんですが。

 で、フレット替えるなら、どんな太さ・高さがええもんかなと、会社の帰りに楽器屋さん寄ってみました。ジャンボフレットなんて触ったこともないし。

s_ヘルレイザー
 楽器屋さんにあったギターで一番太そうなフレットのヤツを弾かせてもらいました。

 シェクターのヘルレイザー(すごい名前)。似合わないわー、我ながら。楽器屋さんの店員さんも笑ってます。が、これがなかなか弾きやすい。メタル系ギターって、こんなに薄くて弦高低いのか。譲ってもらったテレなんて最初にネック握ったとき「バットか」って思いましたもん、もひとつのテレも弦高めっちゃ高いし。

 X-Largeのフレットでしたが、想像してたより弾きやすかった。これにしよ。もうテレじゃなくなっていくけど、自分のギターだからいいや。なんちゃってオールドなんだし。

 いや、そもそも9千円だから。いや、それは言うな。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント