FC2ブログ

夜遅く、父から電話

黒電話

 ついさっきのことですが、やや痴呆の入ってきた父から電話がかかってきました。何事やら。

「あー、homeよ。おとうちゃん、こんばんわ」
「ありゃ、homeか。○○(私の兄)じゃないんか?」
「homeよ(笑)」
「ほうか。いや、○○が今日泊まりに来とってのぉ、○○が2階におるけぇ電話で呼んでみたんじゃが、まちごうてhomeにかけてしもうたのぉ」
「ええじゃない。○○にかけてもhomeにかけてもどっちもおとうちゃんのせがれじゃけぇ(笑)」
「おー、ほんまじゃのう(大笑)」

 その後、少し雑談をして切りました。本当に兄が泊まりに行ってるのかわかりませんが、まぁどっちでもいいです。

 父が機嫌良かったので、私もうれしかった。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いい電話だったね!
広島弁?

いいね〜!
菅原文太みたい(^o^)

No title

嬉しい声だと安心しますよね。
半世紀以上生きてますが、未だに親の怒ったような声(低いトーン)を聞くと
「怒られてる」と思ってしまう自分がいます。苦笑

No title

嬉しい声だと安心しますよね。
半世紀以上生きてますが、未だに親の怒ったような声(低いトーン)を聞くと
「怒られてる」と思ってしまう自分がいます。苦笑

Re: No title

かあちゃんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

そうそう広島弁です。父も私も広島の漁師町の出なので、あまりガラがイイとは言えない言葉つかい(*´ω`*)。

父が機嫌良かったのはうれしかったなぁ。

Re: No title

ミコリーさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

全くその通りですね(*´ω`*)。痴呆の入った父を否定せずに気分良く話してもらおうと思い直しました。良かったんだと思います。

親御さんの低い声に身構える・・・(*´ω`*)。きっと、いいご関係なんだと想像いたします。