FC2ブログ

帰ってきたヒトラー

ヒトラー1

 きわどい政治ジョークが売り物のお笑い番組。今夜のゲストは、これまでヤバすぎて手をつけていなかったジャンル。
 
 ドイツ最大のタブー、ヒトラー。
 
 軍服に身を包んだ彼の物まね芸人なる男は、長すぎる沈黙で観客の困惑を煽りに煽った後に堂々たる演説を始めます。
ヒトラー3
 
 これまで何人も現れたヒトラー役者の誰よりも似ている風貌、堂々たる佇まい。そしてジョークとオチがありギリギリセーフながらも、どこか危うく惹かれるその言葉。
 
 自らをヒトラーと名乗り、いかな場面でも素を見せない彼はプロフェッショナルの物まね芸人としてたちどころにテレビ、そしてネットで大人気に。「本物そっくりだぜ!」「あいつの話は一理ある」「でもなんか怖い感じもする」・・・。
 
 
 いや、彼は「本物の」ヒトラーなのです。
 
 1945年に総統地下壕で自殺したはずが、なぜか2014年のベルリンにタイムスリップ! 誰も信じられるはずがありません。本人が一番驚いてるほどですから。
 
 ナチス総統の軍服のままベルリンをさまよい、観光客のスマホにさらされるは良識ある人たちからなじられるは。混乱の果てに街角の新聞スタンドで力尽きます。
 
 スタンドの中にとりあえず引きとられたヒトラーは店の活字をむさぼり読み、2014年にタイムスリップしたこと、自分が死んだことになっていること、自分を模したエンタメが数多くあったことを知り、現在の社会情勢、政治勢力図を正確に理解しました。
 
 そしてIQ150とも言われる知能のヒトラーはそれを事実として受け入れます。「神がこの世に呼び戻す者に私を選んだ。そうだ、私以外に誰を選ぶのか。これは、闘いを続けよという神意なのだ!」。
 
 
 なんだか変わったオッサンがいると聞いた売れないテレビマンが、彼を見出します。容姿も言ってることもそのものな一方で、意外に柔和でどこか人を惹きつける彼をもちろん本物と思うわけがありません。売り込んだ番組は大ヒット。テレビ司会者、論客、極右政党党首たちも次々に論破しての快進撃が始まります。
 
 インターネットを理解しウィキで知識を仕入れるなど、柔軟に現代に馴染むヒトラー。果てはフェイスブックで親衛隊を募集(しかも集まる)。
 
 彼を貶めようとするインタビューにも堂々と振る舞い、本人であれば答えるであろう言葉を返します。
「あなたの本職は芸人?」
「・・・そう思われておる。・・・どんな役でもいい、話を聞いてもらわないと人の心をつかむことはできない」

 
 誰も本気にしていないはずなのに、みんな笑っていたはずなのに、次第に彼の言葉が人々の心をとらえ始めます・・・。

ヒトラー2
 

 これ、すげー面白かったです。見る前はゴリゴリのヒトラーと現代とのギャップを笑うコメディかと思ってたのですが、ナチス再興のためにあっさり境遇を受け入れて除々に世間を手中に収め始める怖いお話でした。

 「ヒトラー最後の12日間」を以前に見て、主役の俳優さんが「彼は誰もが知っているが、どういう人物か誰も知らない」みたいなことを話してました。

 この映画は原作本がドイツでベストセラーになったそうで(それはそれですごいなぁ)、ヒトラーを「意外に魅力的な人物(もちろん赦されない人物であることは前提ですが)」として描いているそうです。それはこの映画でも。

 映画の中でヒトラーが全国を廻って地元の人や極右政党、ラジカルな思想の集団と話すシーンがたくさん出てきますが、これは俳優ではない普通の人とアドリブで行ったとのこと。ヒトラー役の俳優さんは彼の演説を相当勉強したそうで、アドリブでヒトラーそのものの会話を敢行。すごい。

 そこで人々は「ヒトラー」に納得したり共感しています。現代ドイツの人たちでさえ。

 ヒトラー礼賛ではもちろんありませんが、大衆が熱狂したのは事実。それは当時のドイツの人たちが特別だったとはとても思えません。同盟を結んだイタリア(この作品のムッソリーニ版リメイクがあるそうで)、日本はもちろん、どの国でもどの時代でも。

 私もこうした人物に抗えるかは自信ないなぁ。せめてそういう自覚だけでも。

ヒトラー4
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

この映画、面白そうです!
カリスマ性のある人は、それが良い方へ行けばノーベル賞ものですが、悪い方へ行ってしまうと・・・こういう独裁者になってしまいますよね。

魅力がある人に人は惹かれるのは仕方のないことなのでしょうが・・・選び間違えると怖いです。

ミコリーさん

ミコリーさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

 ブラックコメディのようで、途中から笑ってられなくなる映画でした。わざわざ本物がタイムスリップしなくても、危険な思想への熱狂は起き得ることがよく表現されていて。

>選び間違えると怖いです
 まさにラストでヒトラーが言ったことそのものです!「私が怪物であるなら、選んだのは誰だ?選挙をやめさせるか?」
 日本は国政選挙の投票率50%割れが常態化し、とても危険な状況です・・・。