FC2ブログ

まずは、ありのままを認めよう。注文つけずに。

 人とは変われる、と思いたい。良い方に。 と思ってやっているけれど、一方で気づかないうちに変わってることも珍しくないんだろうと、今日思った。良い方にも、悪い方にも。
 
 
 
 周りの環境だの、置かれた状況だのと、自分ではどうにもできない(最初は自分が選んだとしても)ことや、それらに毎日対応するために、自分では気づかないうちに。
 
 
 妻を新婚の頃のように愛していたかったんだよ。
 
 真昼間に何を書いているのか、と、自分でも思うけれど。
 
 実際そういうつもりで、結婚してから20年近く経つっていうのに、思ってたんだよ。
 
 
 だけど、考えたら妻が変わってしまったように、自分もどこか変わっていたのかもしれない。あんまり自覚はないけれど、何も変わっていなかったら、その方が問題かも。いい大人なんだから。
 
 妻について寂しい想いをしていたのは、自分も含めて色々変わってることに目をつぶって、どこかだけ新婚みたいな気持ちが続くことを望んでいたっていうのも一因なんだろうか。
 
 
 この二ヶ月、色々考えて、自分の行動を意識して変えてみて、考えも少しずつ変わってきたような気がする。
 
 やっと現実を見始めたのかもしれないし、現状追認をしてるだけなのかもしれないけれど。
 
 
 ともあれ、妻への一方的な期待(こうあってほしい)は、一旦取り下げよう。意識していたものも、そうでないものも。
 
 
 あの女性は、確かにかつて愛した女性で、今はいっしょに暮している女性だ。なんのかんの言いながら、二人の間に授かった子供らと一緒に暮らしているのだ。
 
 
 彼女にも、そりゃ色々あっただろうし、あるだろう。自分はそういったことをすべて受け止めて解決したかったけれど、それは無理なんだ。解決できないまでも、聞き役くらいにはなりたかったけれど、それも無理なんだ。
 
 現実は家庭内別居に近い状態だけれど、今(=自分たちが招いた現実だ)を、彼女をそのまま受け入れよう。自分だって、自分が思っているほどマトモじゃなくて、けっこう変わってしまっているはずなんだ。
 
 まずは、ありのままを認めよう。注文つけずに。
 
 
 このところの流れなら。できるんじゃないかな。肩の力を抜いて。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント