FC2ブログ

リペア中のテレのネックを見てきた

 リペア中のテレキャスターを見に行きました。

 電装系の変更と導電塗料塗布、ブリッジとフレットの交換も終わり、指板の塗装完了を残すのみとか。

 こないだネックを仮組みした状態でアンプ(フェンダーの古いチューブ)につないでノイズの変化を聞いてみたら、まぁ激減。あんなに違うとは。

 指板はラッカーを朝晩塗ることを繰り返してくれており、なんやかんやでもう半月ちょっとはかかりそうですが、丁寧にやってくださって感謝しております。
ネック

 ラッカーをできるだけ薄く塗るそうで、「2年くらい弾いたら、剥げてきますよ」とのこと。
「えっ?クラプトンみたいになるんですか?」と、大喜び。使い込んだネックに汚れがついていくのって、めっちゃかっこいいですやん。
クラプトン 
 たった2年ではなんちゃって、ですが。

 一応はオールラッカー塗装のギターなんですが、指板はけっこう厚めだったのか、指板の木目を初めて見たような気がします。

 出来上がるのが楽しみだなぁ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント