FC2ブログ

友だちのうちはどこ?

友だちのうちはどこ?01
 8歳の男の子が一生懸命に友だちの家を探します。間違えて持って帰ってしまったノートを今日中に返さないと、返さないと。だって、宿題をちゃんとノートに書いてこなかったら、次は退学だって先生が友だちに言ったのですから。

 なのに、友だちの家がわかりません。すいぶん走って、色んな家を訪ねて、しまいにゃ一旦自分の家まで戻るハメにまで遭ったのに。
 
 もう、日が暮れようとしています・・・。どうしよう。
 
 男の子の名はアハマッド君。電話でもすれば良さそうなもんですが、舞台はイランの田舎町。近代らしいのですが、道路は舗装されてない以前に車が通るような幅ではなく、隣村にはロバに乗って出かけたりしてます。電気は通ってましたが、使いみちは灯りのみのようで、テレビも掃除機も洗濯機もないみたい。

 そもそもは今朝。学校で隣の席のモハマッド君が怯えまくってました (´・ω・`)。口髭もいかつい男の先生(彼らのお父さんくらいの年恰好)が宿題やってきたかを確かめてる時のことでした。
友だちのうちはどこ?02
 モハマッド君の番。おそるおそる彼が出したのはノートではなく普通の紙。ノートを同じクラスの従弟の家に忘れたからと言って。

 先生激怒。え?宿題そのものはやってきてんじゃん。これが「ノートに書くのが決まりだ」「決まりを守ることがしつけだ」の一点張り。しまいにゃ「次やったら退学」だと。え?そんなことアンタが決められるの?大体、8歳の子供らに対する態度ちがうじゃろ。

 8歳のモハマッド君の胸がどれほど縮み上がったことか (´・ω・`)。さらにツイてないことに帰り道にカバンひっくり返してしまい、肝心のノートは親切に拾ってくれたアハマッド君がうっかり自分のカバンの中に。


 家について宿題をやろうとして気づいたアハマッド君、真っ青です。見てて可哀想なほど。でも人力で洗濯してるお母さんは忙しくて取り合ってくれません。それどころか「赤ちゃんに哺乳ビンあげて」「ゆりかごゆらして」「パン買ってきて」等々言いつけばかり。

 このままじゃノート返せない (´・ω・`)。アハマッド君、お母さんの目を盗んでノート持って走り出します。
 
 でも、モハマッド君の家について知ってるのは村の名前だけ。出会う大人たちは、誰に聞いても「知らない」「それより家のことをしろ」ばかり。

 
 どうもこの村一帯というか、ひょっとしたらこの国そのものが先生は子供に命令(=口ごたえ不可)し、老人は子供に命令し、男は女に命令し、と、ものすごいタテ社会みたい。そもそも学校には男の子しかいなかったし。
※でも、お母さんは最後やさしかった。よかった。

 元はと言えば自分たちの不注意とは言え、友だちのピンチに必死にリカバリーを試みるモハマッド君の話なんて誰も聞かずに形式ばった命令ばかりです。

 あぁ、もう日が暮れちゃった (´・ω・`)。どうなる小さな走れメロス!? アラーの神さん、出てきてくれやぁ!
友だちのうちはどこ04


 イラン映画どころか中近東の映画って、初めて見ました。家電もないなんて、いつの時代なんだろうって思いながら。

 場面や視点(カメラ)がころころ変わったりせず、日常みたいに見たままの景色がずーっと続くので、不思議な感じがします。よく知らない国でもあるし。

 「はじめてのおつかい」みたいに幼い子供が一生懸命独力でなんとかしようとする姿とは言え、大人(特に男)が冷たい&怖い。そんな中で知ってもいない家を探す(その上標識も表札も看板もないのです)ヘルプレスさ。全然ほのぼのとしません。

 実は、かの国の理不尽さ・権威主義の愚かさを告発した映画なのかもしれませんが、見てる自分自身はどうなんだとか思って落ち着かなく見てました。

 主人公・アハマッド君は登場人物の中で唯一正しいことのために走り回ってますが、自分はどっちの側で普段やってんだって。次々現れては、相手の立場に立とうともせず責任を回避しては見当違いの文句ばっかり言ってる大人たちとどう違うのか。
 
 映画の中の大人たちも、かつてはアハマッド君同様の子供だったでしょうに。もっとも、ラストで機転を利かせたアハマッド君は、もはや昨日の彼とは違うのかもしれませんが。

 それにしても不思議な映画だったなぁ。昭和30年前後の邦画みたいなのかも。よく知らんけど。

友だちのうちはどこ?03

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。

そんなに友達を思って奔走をするなんて健気で純真さが浮かんで来ます。

日本ではスマホが一番の繋がりを持てるツールに成りましたから
別世界の出来事に見えるかも知れません。
どちらが幸せなのか、考えてしまう映画ですね。

SIN=KAIさん

SIN=KAIさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

いや、恐縮です(*´ω`*)。全然知らない映画で、たまたま手に取っただけなもんで。
おっしゃる通りの異世界で、不思議な映画でした。この次作は、イラン大地震後にこの村を訪れるドキュメンタリー(知らなかったのですが、この映画は実際の村人が演じてたとか)だそうで、3.11以後の日本と併せて考えさせられそうです。

すぐに手に取る勇気はないのですが。

No title

観たことないのですが
ミニシアターで紹介されていたのを知っています。
気になるけど
そういう昔ながらの社会の状況をみるのも辛くなりそう。
ハッピーエンドでしょうか?

はのはのさん

はのはのさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

映画の撮り方とか全然わからないんですが、普通の洋画とも邦画とも違うテンポの不思議な映画でした。

ハッピーエンド・・・、なのかなぁ・・・。ちょっと(子供らしさとは違う)知恵使って宿題はクリアできるんですが、それはもう純な彼ではなくなっていくことを暗示してるようで。先生は愚かでした。大人になるにも、バカな大人とそうでない大人ってことなのかも。