FC2ブログ

ギター、リペア完了

ビンテレ03

 こればっかり書いてますが、ギターのリペアが終わって前とは別モンになったのが嬉しくて嬉しくて。

 ギターそのものは売価25万円のちょっとしたモンで、私には不相応。ネットで知り合ったギター友達が「楽器屋に持ってったら9千円でしか買ってくれないから、大事にしてくれそうなhomeさんに1万で譲るわ」と、声かけてくれたものです。

 あまりに悪かったんで2万円送っときましたが、もっと送るべきだったなぁ(´・ω・`)。ごめんね。

 実際は、もう一本の安いもののほうが愛着があって、こちらのギターはあんまり使ってませんでした。

 1952年のオリジナル仕様の復刻版なので使いにくいところが多かったのと、フレットがめっちゃ減ってたので。

 で、今年に入ってからちょっとづつお金貯めて、もう全部直して使おうと。弾かないんじゃギターがかわいそう。しかも素晴らしい素性のものなのに。

 5万円で気になっていたところを直しました。すでに復刻版の良さはなくなりましたが、弾かないでしまっとくよりはるかにいいです。ビンテレ02
 指板は平らに削って、フレットはギブソン335のやや太いものに。

ビンテレ01
 ブリッジは6WAYにしました。なんとなく以前の雰囲気もあるタイプなので、それもうれしいかも。ピックアップセレクトもノーマルな今の仕様に変更。導電塗料も塗って、ノイズも激減。


 だからって、ギターの腕が上がったわけではないですが、今まで寝かしてたので新しいギター買ったような気分。とにかく、弾かないんじゃ楽器に申し訳ない。

 いやー、5万円は安かった。うれしー。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

リペア完了おめでとうございます。
フェンダーはアールのキツイモノにも出会いますが
自分が弾きやすいのが一番ですし、6wayの方が便利ですよね。
しかし、バタースコッチのテレはやっぱり渋いですねぇ。

太郎さん

太郎さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

恐れ入ります。このテレ、最初ネック握った時「バットか」と思いましたわ。アールもきつくて私には弾きにくかったのですが、生まれ変わってくれました(*´ω`*)。

やっぱ、この配色がテレのアイコンっすよね(*´ω`*)。