FC2ブログ

つまらんことを書きました

 職場の飲み会から帰ったけれど、少し疲れました。

 職場がどうこうという話ではなく、人と会うのが煩わしくなることもあります。

 独身ではありませんが、妻と疎遠なのが事実。

 好きな女性と一緒になったのに、一生守る・幸せにする、そのために俺は頑張ると誓った通りに約束を果たそうと頑張ってきたつもりだけれど、そうはうまくいきませんでした。惚れた女に約束したのに。その親にも仁義を切ったつもりなのに。

 できませんでした。できませんでした。できていません。できていません。

 自分に至らないところが多かった、もっと頑張れた、力が足りなかった、色々思いながら、それでも降りることはできません。

 情けない話ですが、妻からカネが足りないことをなじられたことが一度だけありました。一度だけなので、妻も言わないように言わないようにしていたのは感じました。

 それだけに、それが本音であることもわかりました。

 私は1円でも多く稼ぎたかった。今もそう思って働いています。いや仕事だけでなく、3人の子供のおむつも替えてきたし、食事も着替えもやったっけ。休日のメシは全部作ってきた。今も。それはしょぼいもんだと認めるけれど。洗濯は今も毎日洗って、干して。掃除も。私は威張ってるんでしょうか。そうかもしれないけど、実際に30年近くやってるから嘘ではないって言ってもいいんじゃないかな。大したことではないかもしれないけれど。

 だって、男は子供を産むことは出来ないから。惚れた女が自分の子供を苦しい思いをして産んでくれたのですから、男が少々の思いをしたところで当たり前です。惚れた女に証を立てるために、その女を産んで育ててくださった彼女のご両親に「あぁ、あの男で悪くなかった」と思ってほしくて。

 なのに、私は力が足りませんでした。惚れた女を喜ばせられなかったんだ。あれは、本当に情けなかった。本当に。
 
 本当に。自分の値打ちがないことは給与の数字で知ってはいたけれど、惚れた女から言われたのは堪えた。事実だから、逃げ場もなくて。

 正直な話、今も給与は満足にあがってはいません

 自分で自分がそんなに価値のない人間だとは思いたくはありませんが、妻がなじった以上のカネを稼いでこられてない以上、そういう部分で自分が価値のない男であることを認めざるを得ません。

 そんなことはない、と思いたいですが、事実です。それが全てではないにしろ。

 
 カネの事以外にも妻の言い分があるでしょうし、私が彼女の気持ちを汲めず、こんなに距離ができてしまった当事者なので、言い訳はしません。

 言い訳はしない。せめて言い訳はしないことくらいしか、私の思う「男らしさ」が立たないと思って(それはあまり意味のないことかもしれないと思いながらも)。それでも結局大したカネを稼げていないので、ただ私が自分の気持ちを慰めているだけなのですが。

 カネのことだけでない、それを言い訳に自分の至らないところから目をそらしている、のでしょう。それでも、カネって自分だけが頑張ればなんとかなる領域の話です。妻が失望していても、自分でなんとかできるかもしれないと。

 明日も出勤です。自分なりに頑張ってきます。それが家族に何かできること、私自身の男を立てることだと思っているので。毎日と同じく出勤前に洗い物をし、洗濯物を畳んで新しく干して。

 こんなことを書きなぐりましたが、明日も明るくしたいと思います。妻に「おはよう」「ただいま」と明るく言っても返事はありませんが、それでも自分から明るく声をかけ続けます。それが男ってもんだろ、と思っているから。

 真の男子は人を恨まず。そう思っているから、そうなりたいから。

 でも、時々しんどいときがあるので、こんなこと書いてしまいました。

 自分のブログなんで、赦してください。一晩寝たら、明日も頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト