FC2ブログ

少しだけ、無理をして生きる

 城山三郎さんの「少しだけ、無理をして生きる」と言う本を読んでいます。
 
 
 城山さんの本は、全部が好きと言うことはなかったのですが、随筆は素直に読めていい感じですね。私には。
 
 色々といいことが書いてありますが、「初心が魅力をつくる」というくだりも良かったなぁ。
 
 
 人間、最初は一生懸命にやってるけれど、だんだんと慣れてきてしまい、やがて何かの肩書に安住するようになって、自分というものが、最初のひたむきさが失われていく、と。
 
 
 いくつになっても、自分の狭い殻に安住せずに、新しいことにチャレンジすることで、常に初心でいられるのではないか、云々。
 
 
 よくある話なのかもしれませんが、実際にこういう気持ちを保って行動し続けるのは簡単ではありません。
 
 
 でも、どうせなら、こういうスタイルがいいなぁ。そんなに格好よくはできないけれど、良い習慣は才能に勝る、と思いたい。
 
 
 「逃げない、ごまかさない、あきらめない」と唱え始めて、このところ仕事も調子がいいです。「少しだけ、無理」をしながら、いつか遠くまでいきたいなぁ。
 
 
 不遇のときこそ研鑽を怠らずに、ひたむきに。誠実に。
 
 
 なかなかうまくいかなくても。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは^^
興味の持てる本ですね~^^
読書の秋ですから…私も本読んでみようかな

No title

tottyoboさん、こんにちわ。コメントありがとうございます。

昔の男性作家なので、ちょっと今は流行らないだろうなぁ、という感覚ではあるのですが・・・。今年の夏の本なので、まだブックオフには並んでいませんでした(笑)。