FC2ブログ

大いなる休暇

大いなる休暇01

カナダの沖合に浮かぶ小さな島、サントマリ・ラモデルヌ島。

 その昔は、豊かとは言えないまでも漁業で賑わってどの家庭も幸福に満ちていたというのに、今では島を出る人が相次ぎ人口わずか125人全員が生活保護で食いつなぐありさま (´・ω・`)。

 なんとかしないと、島&自分たちの未来がありません。

 工場誘致の話があることはあるのですが、5年は常駐する医者が最低1名住んでることという条件すらクリアできず 。推進役だった40代らしい比較的若い町長自身が、「警官の仕事が見つかった」と家族で島を出て行きました。

 なんてこった (´・ω・`)。残っているのは町で働く気のない連中と年寄りばかり。逆に言えば、島でしか生きられない人ばかりとも。

 みんな、なんとかしようぜ!と立ち上がったのが60代と思しきジェルマン。島で唯一パソコンを使える気弱な青年のお尻を叩き、カナダ中の医者に案内状を送ります。もちろん、あることないこと書いた素晴らしい島の売り文句だらけで。

「おー、すげえじゃん!自然とふれあいに溢れた島での暮らしだとよ!」・・・。大麻吸いながら笑い飛ばす若いドクター(なんじゃこいつ)、一瞥してゴミ箱に捨てる年配のドクター等々・・・。

 全滅です (´・ω・`)。どーするよ?

 ・・・が。大麻吸って笑ってた軟派な若いドクターが、スピード違反で「前町長だったお巡りさん」に捕まります。
「いや、違うんですお巡りさん。私は医者で患者が待ってるんですよ」
 言ってる端から、所持品の大麻が。
「ほーぉ・・・。オマエ、医者なのかぁ・・・」

 いつのまにか町長になってるジェルマンの元に、前町長からビッグニュースが届きます(笑)。さっそく100人ちょっと町民集めて大号令!

「この島に残りたいヤツはいるか!? この島で働きたいヤツはいるか!? 工場に来てもらうには医者がいなきゃいけないが、その候補が見つかったぞ!医者がお試し期間の一ヶ月いる間に、この島を好きになってもらうんだ!」

 おー、いいぞいいぞ!やろうやろう! 老若男女(老が多めですが)みんな一丸になりました。みんなここしか行き場がないんです。生活保護よりも自分が働いたおカネで暮らしたいんです。そのためにやることは・・・。

 とにかく医者がこの島を好きになるように、彼の好みを先回り先回り。クリケットが好きらしいと聞けば「島の伝統的球技」ってことにして、全員前日に知ったルールでデタラメな試合したり、医者の家の電話(離島すぎて携帯不通)に盗聴器仕掛けて好みを探ったり、釣りに誘い出して海中から魚を釣り針にかけて気分よくさせたり、毎晩小額紙幣を彼の家の前に落としてたり等々。
大いなる休暇02

 いや、すぐバレるようなウソばっかりなんですよ。大真面目にやってるものの。そんな小芝居次々打っては綱渡りの日々。それでも島唯一の妙齢の美女の存在もあってか、若い医者はだんだん島が好きになってきた模様。

 やったぜ、あと一息!・・・でも、町長・ジェルマンは「こんな調子でこの先5年もこの男を騙し続けていいのか?」と、今更に迷い始めます(´・ω・`)。

 あ、そうだ。嘘ついてばかりなんですが、全員いい人なんですよこの島は。軟派だった医者もだんだんいい人になっていくほどに。

 うーん・・・。一体どうする?



 あんまり深刻に振らずにいい感じの楽しい映画でした。ホントみんないい人だし、景色はきれいだし。

 それでもラスト手前のジェルマンの啖呵は切実(´・ω・`)。この島の現状がいかに自分たちのプライドを損なうか、あんたにわかるかい?だから、馬鹿を承知でこんなことまでやったんだよ!

 この「馬鹿を承知」の馬鹿力。これはよかったなぁ(*´ω`*)。本気でなんとか現状を変えたい人たちのプロジェクトXストーリーと思いながら見てました。

 もちろん、ハッピーエンドっす。それでええじゃないですか(*´ω`*)。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

この冬観たい映画

大いなる休暇、面白そうな映画ですね。
予告編の小倉さんのナレーションもいい
感じ。(最後の言葉も良かったです)

馬鹿を承知の馬鹿力、これに勝るものは
ないような…。
こんな寒いシーズンに観たい、心温まる
映画だと思いました。

mikotoさん

mikotoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

小品と言えばそうなのかもですが、ほんわかして楽しい映画でした。見ててハラハラするくらい簡単にバレそうな嘘ばっかり続くんですよ、ホント。よっぽど開き直らないとこれはできんわー。

あ、短かめなのもよかったので、機会があればどうぞ(*´ω`*)。