FC2ブログ

久しぶりに父に会ってきました

 義母の入院、義父の施設入り、長男の引っ越し等で自分の実家には顔を出せておりませんでしたが、昨日久しぶりに遊びに行けました。
 
 姉の話では、父の痴呆というか混乱はちょっとひどくなってきたとか。先日は引っ越し先から長男の声を聞かせたところ、その晩に「さっきまでいた男の子はどこに行ったのか。大変なことになるといけないから警察に連絡しろ」等々と姉にしつこく命じたそうです (´・ω・`)。
 
 昨日は機嫌もよく、おかしな言動は全くありませんでした(*´ω`*)。母が亡くなっていることもわきまえており、ビールを飲みながら「母さんのおかげでこの家が建った」と懐かしそうに話していました。
 
 95歳の父と、こうして飲みながらゆっくり話ができることの幸せ。考えてみたら、95歳の人自体がそうそういないことでしょうし、ガンや糖尿を患っているとは言えどうにか風呂・トイレも自分でできるんですから。
 
 
 先週からほぼ毎晩、父に電話をするようになりました。姉の話では「電話があると少し落ち着く」そうです。そういうささやかな刺激でもないと、とうに死んだ人たちのことを思い過ぎて「〇〇が帰ってこない」などと姉を困らせますので。
 
 もっとも、とうに死んだはずの自分の両親や兄弟姉妹、妻たちと今も一緒に暮らしているという錯乱は幸せな感じもします。ただ姉を困らせがちなので、妄想と現実をほどほどに行き来してほしくて(*´ω`*)。
 
 
 昨夜はけっこう飲んでしまいました。いい夜でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ほんといい夜でしたねー
羨ましいな
私ももっと父の晩酌に付き合えば良かったなー
なんて思いました
今を大切に、ですね

パタさん

パタさん、こんにちは。コメントありがとうございます(*´ω`*)。

親父が穏やかな日で一層よかったです(*´ω`*)。いつもこうではないものの、正直いつまでも穏やかに長生きは望めませんので、ありがたい一日でした(*´ω`*)。

ホント、今を大切に、ですね。直接関係はないものの、若くして亡くなられた女子プロレスラーさんのお話も悲しくて (´・ω・`)。