FC2ブログ

実父の笑える錯乱

 22時頃。会社帰りに駅へ歩いていると、姉から電話がかかってきました。同居の実父が混乱して収まらないので悪いけど話を聞いてくれ、とのこと。なんでも、父の父(とっくに死んでます。私見たことないし)と私が日雇いに連れていかれて帰ってこないという妄想だとか、なんじゃそら。
 
「homeか!今どこや?」
「あー、お父ちゃん。会社から帰りよるよ」
「・・・そうか。お前はきちんとした勤め先があるんじゃったのぉ・・・。わしゃ、お前が日雇いに連れていかれたと思うて、心配しよったんじゃ。お前はええが、わしのお父さんが帰ってこんのじゃ」
「お父さんのお父さんね?」
「ほうよ。お前のおじいさんよ」
「年はなんぼになっちゃったかね?」
「・・・131かのぉ・・・」
「131の人じゃったら、日雇いもそう連れて行かんのじゃないかねぇ」
「・・・おぉ、そうじゃのう」
「だいたい、僕はおじいさんを一回も見たことないんじゃが」
「そうか!・・・そうよのぉ、もう死んどるよのぉ。あー、わかった!これで安心した」

 「うまいこと収めてくれてありがとうね」と姉が喜んでくれました(*´ω`*)。こんなふうに間の抜けた笑ってすむような錯乱なら、大したことなくていいのですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

年齢の計算が出来るのがすごいですね。(;^_^A

怒らずトンチを聞かせたHomeさま、さすがです!(^_-)-☆

No title

あはは
笑うところじゃないかもしれませんが笑ってしまいました!
でもご実父様、年齢をちゃんと計算できるなんてすごいです!!
納得してよかったですね

ミコリーさん

ミコリーさん、こんにちは。コメントありがとうございます(*´ω`*)。

時間稼ぎのつもりで聞いてみたら返事が返ってきたので、私も(自分で聞いたくせに)びっくりしました。ホントに正確かはわかりませんが(笑)、なんかそれらしい数字だったので面白いですよね。

実父は基本的に穏やかな人なのがわかったので、否定せずに聞いていたらうまくいくことが多いのを学びました(*´ω`*)。

レモングラスさん

レモングラスさん、こんにちは。コメントありがとうございます(*´ω`*)。

なんかそれらしい数字が返ってきたので、私もちょっとびっくりしました(*´ω`*)。ここ数週間、こちらから電話する回数を増やしたら、機嫌がいい日が増えたみたいです。機嫌がいいと、ゴネてもおさまるのが早いし。

勉強になってます(*´ω`*)。