FC2ブログ

かつてシピンを黙らせた、若き日の達川・北別府を思い出した

遠藤と坂倉

 過密日程なのに雨でまた中止(´・ω・`)。もっとも大変な被害が出ているほどの雨なので、野球どころではないのですが。

 直近の試合ではタイガースにボコられましたが、その直接の原因は高卒2年めの遠藤と3年めの坂倉若いバッテリーでもありました。

 それにしても選手会長の正捕手・會澤を外してまでの坂倉起用とは、佐々岡監督の育成ぶりは肝が座っております。遠藤ともども、先日の痛い負けが彼らの糧になることを信じて応援するのみです。

若き日の達川と北別府
 北別府・達川の若かった頃を思い出しました。

シピン
 大洋ホエールズの野人・シピンを引っこ抜いた讀賣。インコースを打てないシピンは大したことのない内角球に激高しては投手に殴りかかることを繰り返し、内角攻めを減らして打率を上げていた頃のこと。

 もっとも、シピンが狙うのは優男ばかりで、星野仙一とかには決して行きません(´・ω・`)。あー、讀賣に移ってヒゲまで剃らされて去勢されたんだなぁと、中学生の私は眺めていましたっけ。

 そんなシピンに対して、確か入団2年め程度の達川は平気で彼の頭の後ろにミットを構え、そのとおりに投げる20歳前後の北別府。今なら危険球で一発退場ですわ。

 激高するポーズをとるシピンですが、平気で睨み返す北別府の前に沈黙。それにしても若いバッテリーの喧嘩度胸と、それを許す(焚き付けた?)古葉さんの胆力よ。後楽園球場でしたからね、しかも。

 時代は変わりましたが、悔しがっていた遠藤と坂倉はきっと大成してくれると信じております。

 
 シピンと言えば、ゴダイゴのベースマン、スティーブ・フォックスとそっくりってことでも有名でしたね。
スティーブ・フォックス

 シャレで、シピンのユニフォームを着てステージに立ったこともあるスティーブでしたが、二人で雑誌に出てた画像もありました。

シピンとスティーブ
 どっちがどっちかわかりませんでしたが、バット持ってる方がスティーブだとか。ヒゲのないほうがシピンなのか。ややこしいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント