FC2ブログ

肖像(わたし)/広島市現代美術館

肖像(わたし)広島市現代美術館
 
 リニューアルのため今年で一旦(2年も!)閉館してしまう広島市現代美術館に行ってきました。年間パス持ってるほど大好きなのに、2年も見られなくなるなんてものすご悲しいです(´・ω・`)。

20200917広島市現代美術館1
 市内中心部から1キロちょっとはずれた低い山・比治山の上にある美術館。彫刻などが配された緑の気持ちいい小径抜けて向かいます。

20200917広島市現代美術館2
 黒川紀章さんの手になる名建築(*´ω`*)。いつもそうですが、入る前から非日常感を高めてくれるその外観。内部も変幻自在の展示が可能になっていて、毎回楽しみでした。リニューアルって、この建物そのものをどうにかするのかな。それは寂しいのですが。

 今回の展示はコレクション展だったので、これまでに見たものが多いかと思っていたらそうでもなく、相当なインパクトでした。

 前半の「肖像(わたし)」は、「現代を生きる私たちが直面するアイデンティティの曖昧さと不確実な「わたし」を考えます」とのこと。

石内都 マザーズ2
石内都 マザーズ1
 石内都さんの「Mother's」連作の一部。亡くなられた女性たちが身につけていたものを撮影する彼女の作品、これまで被爆者の方の遺品で何度か目にしましたが、こちらはご自身のお母様とか。

 遺品からは故人やその境遇、暮らしや感情を想像させられ、いつも胸苦しい気持ちを味あわせてもらうのですが、今回のそれは口紅、肌着と男性の私からは自分の身近にないものばかりで、余計に女性を感じます。そして。それが母親。性とは無縁の存在が自分の知らないところで確かに持っている艶めかしくデリケートな部分。

 いつも以上に胸苦しく。単に、或る物体が写されているだけなのに。

森村泰昌 双子
 肖像といえば、森村泰昌さんです(*´ω`*)。現代美術館の入ってすぐの2階展示室は大きく2フロアに仕切られているのですが、1つめと2つめをつなぐ細い通路の向こうにものすご大きな展示が見えるのがいつも楽しみでした。「あ!」「なんだぁ!?」「早く行ってみたい」とワクワク、ときに大変な胸騒ぎといった感情を掻き立てられて。

 そこに今回はこれが(*´ω`*)。240✕340の巨大な作品。元ネタはおなじみ「オランピア」ですが、黒猫は黒招き猫(*´ω`*)。ぬけぬけと真顔(*´ω`*)。こちら、新作では蝶々夫人みたいになってて面白かったです。

澤田知子お見合い1
澤田知子お見合い2
澤田知子お見合い3

 これ、ものすご嬉しかったです。展示されてるとは知らなかった澤田知子さんの「OMIAI♡」。そのうちの4作が展示されていました。

 作者ご本人が実際に写真館で撮影されたニセ&ガチのお見合い写真(*´ω`*)。一種のコスプレと言えばそれまでですが、外見だけで好印象(≠実態)を伝える機能特化の非日常写真ですので、それをなりきるのは二重のあざとさ。それにしてもこの笑顔(*´ω`*)。洋装のおすましさんもキュートでした。

澤田知子お見合いcover
 こちらは雑誌の表紙を作者本人が7变化の「cover」。面白いことを考える人だなぁ。更にガングロギャル編もあるそうなのですが、化けた上に更に匿名の顔になるのですから(*´ω`*)。私の大好きなプロレスのギミックみたい。

 「本人がそう言ってんだから、そうなんだよ」。職業人格というか、装えば名乗ればある何者かになれる。私って何?という展示のテーマを一番楽しく不気味に味あわせてくれました。

 後半のコレクション展は、広島市の美術館が避けられない核と戦争がテーマ。夏になると重いものばかりでちょっとうんざりすることもありましたが、しばらく見られないのは寂しいなぁ。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
↑よかったらクリックお願いします(*´ω`*)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは、一時休館になる前に訪れることが出来、
よかったですね。
コロナで閉鎖、リニューアルで閉鎖が続くとかなり
きついものがありますね。
所蔵品の展示ということですが、見たことがないのが展示され
かつインパクトの強いのが感じられ、そこが「現代」たる理由かな
などと作品を見せていただきました。
撮影可なのでしょうか、それもいいですね。

スミレさん

スミレさん、こんにちは。コメントありがとうございます(*´ω`*)。

美術館に行くようになって6年くらいなのですが、現代美術って何が面白いのかと思ってたのに今は大好きになりました。広島の美術館なので、どうしても平和・原爆といったテーマから離れないのが、時に重く感じてましたが、やはり避けては通れませんね。

リニューアル前の最後だからか撮影可になっていたのですが、個々の展示の撮影とSNS公開は不可とか。ブログに出せないのが残念です。