FC2ブログ

一晩たって

 先日の「愛妻の日」のことは、よくあるエピソードのひとつなんだ。 ああいった空振りは大なり小なり珍しくなくて。
 
 ただ今回は、ちょっと気持ちが前向きだったんで、がっかり感をいつもより感じたかな。
 
 
 でも、それはオレが勝手に思って、勝手にちょっと期待して、勝手にやって、いつもと同じ結果だったってことだったんだ。
 
 一歩離れて眺めれば、いつも通りだったってことで。
 
 
 正直、ちょっと(勝手に)がっかりはしたけれど、そういう見え透いたアクションを起こしただけでも進歩じゃないかって思ってる。
 
 「やってみようかな」って思っても、「まぁ、いつも通りだろう」と結局何もしないことも少なくなかったから。
 
 
 そりゃ、浮気とか深酒とか浪費とかはしていなくたって、妻をがっかりさせたり、傷つけたりといったことはこれまであった。ここには書いていないけれど、深刻な場面だって。
 
 どんなエピソードだって、立場によって受け取り方は全然違う。妻は妻で、きっと色々おもうことあって、今があるんだろう。
 
 そう、すっかり疎遠な、暖かくはないこの関係は、オレが捉えているものだけでは全部を、妻の気持ちを理解できないんだ。
 
 で、もがいて、的外れで、結局、今も疎遠さは変わっていないんじゃないか。
 
 
 正直、情けない話ながらも、感情をぶつけあうほどの関係すら昔のことになって久しい。実質、同居人と言ってもいいのかもしれないくらい。
 
 それを寂しく思うから、今なんとかしようとしてるんだよ。今の自分で(そして、自分が変わらなかったら、この先もずっと)わからないから、手探りで踏み出したんじゃないか。
 
 先日の「愛妻の日」は、そうした手探りでなかなかうまくいってないことの、いちエピソードだ。こうしたことを積み重ねながら、少しづつ疎遠さをなんとかしていくんだよ。
 
 自分から変わらないと、何も起きない。何かを変えようとしているなら、まずは自分からだろう。
 
 そして、全く見えてない、気づいてないこと(知るのは怖いけれど)があるから、的外れの迷走は続くんだ。それが手探りってもんだろ、オレ。それでも歩くんなら、そりゃつまづくし、すり傷もあるよ。
 
 行くって決めたんだから、行くんだよ。それだけじゃん。
 
 
 
 そうした中のいちエピソード。情けない日もあるけど、気を取り直そう。今やっていることは、きっといいことなんだ。
 
 さぁ、今夜の晩メシはなににしようか。いつか、オレのつくったメシで妻を笑わせよう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

偉いねえ 人間てかみ合わなくなったらなかなか難しい。でも工夫して回復しようなんて・・・

No title

2/3 午後3時の(男性?の)内緒さん、こんにちわ。コメントありがとうございます。

男、だからね。オレだって。

No title

2/3 午後3時の(女性の)内緒さん、こんにちわ。コメントありがとうございます。

やれるだけやってみますよ。ファイト!ですわ。

No title

2/3 午後4時の内緒さん、こんにちわ。コメントありがとうございます。

手紙、話と、以前やってみて、結局返事がなかったんですね。うつむくばかりで。

それはこちらも悪かったのかもしれないのですが、結果としてやりとりできませんでした。

近いうち、話をしてみようと思います。

No title

rtb*q6*9さん、こんにちわ。コメントありがとうございます。

やめるのはいつでもできる、と思ってやってんですよね。うまくはいってないのですが。