fc2ブログ

ギター25万円、腕前380円

テレとミニアンプ
 これが今使ってるギターアンプなのですが、1万円くらいでした。それまで使ってたのが壊れて、楽器屋さんに持ち込んだら「デジタルの基盤がイカれてるから、もうダメ」と言われたので、「今1万円ちょいしかないから、これで買えてドラムの入ってるやつないすか?」で「これ入ってるよ」「じゃ、これ」って10秒くらいで買ったやつ。

 隣のギターは定価25万円くらい(友達が2万円で譲ってくれた)で、25万円もするギターの出音が1万円ってのもどうよと思うのですが、私の腕前が380円くらい(安さを表現したかった)なんで、まぁ何でもいっしょです。

 そう、何でもいっしょなんですわ、これが。

 「弘法は筆を選ばず」とか言いますが、よっぽどうまいかよっぽどヘタかはもう何使ってもいっしょだと自分で思います。

 最近、ちょっと上達したのでアンプほしいなと思い始めてYou Tubeとか見てたのですが、上手な人が弾いてる動画なので、私が使ってるやつ含めて安いアンプでもみんないい音がします。だって上手ですから(*´ω`*)。

 ひるがえって私なのですが、弾き方に悪い癖があるのに今頃気がついて矯正中です。ちゃんと弾けるためのステップなので仕方ないのですが、悪い癖が少しづつ直りながら真剣に一音一音やってたら、この一万円アンプがけっこういい音出だしたんですわこれが。

 それは380円の腕前だった私が412円くらいに上がったからなのですが、1万円のアンプを3万円のアンプに買い替える前に自分の腕前上げるほうがよっぽど演奏にインパクトがあることを再認識。

 いやほんと、悪い癖が減ってけっこうまともな音が出ると、まぁ嬉しいもんです。これまで使ってる目新しくない安いアンプであっても。

 あらためて道具の良さを最大限近くまで引き出せる(私にとって相当なハードルですが)よう、まずは自分の腕前を上げましょう。おもちゃが欲しいように新しいアンプが欲しくはありますが、これまでよりもきちんと弾けたらあんなにいい音出ることに自分でびっくりしたもんで。

 そう言えば、軽さがスピードを左右するロードバイクではより軽い機材を求める「機材沼」って症状がありますが、ロードバイクのトレーニング本読んでたら「ちょっとでも軽い高価な機材を探す前に、まず自分が痩せろ」って書いてあって笑ったっけ(*´ω`*)。

 まずは自分が腕をあげなきゃ(*´ω`*)。



  にほんブログ村 にほんブログ村へ
↑よかったらクリックお願いします(*´ω`*)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ギターアンプ

高校の頃のギターアンプを捨てずにとってありますが、家族からはエレキの生音でさえ「ちょっと静かにしてくれる」と言われるので、恐ろしくてアンプを鳴らしたことはありません・・・。

ただ、ブログで演奏する際はMTRで録音しているので、ヘッドフォンアンプにつないでいるのと同じことでしょうね。

「弘法筆を選ばず」とは言いますが、クラシックのバイオリンは1億円もするし、ギターだってプロは何十万円、何百万円のを弾いているわけで、逆に弘法ほど見合った筆が必要だという気がします。
(結局、自分たちは選ぶ余地もないわけでして・・・)

ギターマジシャンさん

ギターマジシャンさん、こんにちは。コメントありがとうございます(*´ω`*)。

エレキの生音で「静かにしてくれ」は、ちょっと想像しにくくて・・・。同じリビングにいるならまだわかるので、まさか自室で弾いてたらドアが開いてクレーム、ということではないですよね(*´ω`*)。

これは少数派だと思いますが、柳ジョージは本当にグレコSE700とか弾いてたそうで、ライブ見に行ったらグレコのロゴだったのでびっくりしたのを覚えています。レイニーウッドのキーボードさんが広島出身で今は地元で活動されてるそうなのですが、曰く「ジョージさんは楽器にカネかけない人だった」とか。それにしてもグレコにはびっくりしました。