FC2ブログ

自分の手ごたえ、を頼りに

何人もの女性に恋をして、今の妻以外に結婚を意識した女性も数人いた。実際に、そういう話が起きた女性も二人ほど。

 だけど、彼女と暮らしても大なり小なり今みたいな悩みはあったんじゃないか、と想像をする。



 妻は夕飯の後、自室にこもって、スマホやパソコンから離れない。スマホを握ったまま眠っている姿もよく見かける。

 昔はこんなことなかった。他愛ない話もよくしていた。この世に何人も人が、男女がいる中で、こうして二人で小さな部屋で過ごしていることが、奇跡のようにいじらしくて幸せを感じたもんだ。


 で、今は全然見る影もないよね。

 それは、オレといるより、スマホやパソコンが楽しいってことだろう。


 明日は土曜だけど、やっておきたい仕事があるので会社に行ってくる。好きだから行くのだ。若い仲間と打ち解けてきて、何か居場所が出来つつある手ごたえを感じて、楽しいから。

 来週の準備をしにいこう。自由意志だ、社畜と言わば言え。手ごたえが楽しいんだ。


 妻とは離れて久しいけれど、オレは自分で楽しいと、彼女なしでも楽しい時間を手にしているつもりなんだ。

 トレーニングでも、散歩でも、ギターでも、料理でもなんでもいいんだけど。


 彼女をもう縛らないよ。オレの望むひとでなくたっていいよ。


 読み返してどうなのかわからないけれど、そんな気持ち。

 home in my shoesって曲は、自分の靴が家。自分がここにいる事実と手ごたえと、ささやかなささやかな地表への面積が自分であることの歌だった。自分が自分の王なのだ。


 自分が自分の王となるために、明日、一人で出かけよう。

 雨模様だとしたって。


 おやすみ、今日のオレ。よく頑張ったよ。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

内緒さん、こんにちわ、。コメントありがとうございます。

大したものでもないので恐縮です。