FC2ブログ

ひとまず、勝った

   上半期の高評価が確定。

   やったぜ。


    3月から、極めて専門性の高い部署の課長として異動。ここ数年の体制変更で、人数絞るだけ絞られて、残っているメンバーは本当にデキる奴ばかりながらも、クセのある連中でもある。しかも、高くなるばかりの負荷の一方で、専門性の高さから、やってることが周囲に評価されにくいのもあって、少しだけヒネていた。

    そこにド素人が上司として登場。

    まずは、仲間として受け入れてもらうことから始めたんだ。そして、この職場での仕事と、専門知識と、何より彼ら自身の気持ちを教わって。

    専門的なことはわからなくても、仕事がお客さんのためにあるのは、どの部署でも同じだ。誰がお客さんで、どうやって喜んでもらうかを間違えなければ。

    あまり人が見ていないところで、逃げずにファイトしている連中に俺はシビれた。お前らのやってることは俺にはできないけど、俺のできることでここの力にならせてくれ。お前らの仕事のために、俺たちのお客さんのために、俺を使え。

    難しいことはわからんが、お客さんの、お前らのためになることであれば、お前らの振り付けで踊ってみせるから。


    少しづつだけど、雰囲気が変わってきた。社内での理解者が現れ始めた。連中も外に出始めた。

    メンバーの評価も上がった。

    やろう、やれる。多少のきれいごとはあるけれど、俺たちゃ、各々の暮らしのために、大した額でもないカネのためにやってるんだ。  

  
    失敗しながら、笑われながらやってきた上半期の評価が高かった。メンバーのみんな、受け入れてくれてありがとう。


    俺、お疲れさん。下半期もファイトしようぜ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

男性は外で戦ってるのよね。
戦わない男もいるけど(笑)
一人でも理解してくれる人がいると頑張れちゃうよね。
homeさんな理解者が居てくれるのがなんだか私にも嬉しいよ。
下半期もファイトファイト~

No title

あきらさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

誰でも、自分を認めて欲しいと思うんですよね。それが妻であってほしかったけど。ま、なんであれそこに自分はいるから、それでいいか。

下半期はハードルがまた上がるけど、トライしますわ。これで怯んだら、上半期がパーになっちゃう。

いつも、ありがとう。