FC2ブログ

葉隠入門 三島由紀夫



・しかし、死だけは「葉隠」の時代も現代も少しも変わりなく存在し、我々を規制しているのである。その観点に立ってみれば、「葉隠」の言っている死は、何も特別なものではない。毎日死を心に当てることは、毎日生を心に当てることと、いわば同じなのであることを「葉隠」は主張している。我々はきょう死ぬと思って仕事をするときに、その仕事が急にいきいきとした光を放ち出すのを認めざるを得ない。

・「葉隠」は、一面謙譲の美徳をほめそやしながら、一面人間のエネルギーが、エネルギー自体の法則に従って、大きな行動を成就するところに着目した。エネルギーには行き過ぎということはあり得ない。獅子が疾走していくときに、獅子の足下に荒野はたちまち過ぎ去って、獅子はあるいは追っていた獲物をも通り過ぎて、荒野のかなたへ走り出してしまうかもしれない。なぜならば彼が獅子だからだ。

・それは、行動的な死(斬り死)と自殺(切腹)とを同列に置く日本独特の考え方であり、切腹という積極的な自殺は、西洋の自殺のように敗北ではなく、名誉を守るための自由意思の極限的なあらわれである。定朝の言っている「死」とは、このような選択可能な行為なのであり、どんなに強いられた状況であっても、死の選択によってその束縛を突破するときは、自由の行為となるのである、しかし、それはあくまでも理想化された死の形態であって、死はいつもこのような明快な形ではないことを常朝ははよく知っていた。

・思想は覚悟である。覚悟は長年にわたって日々確かめられなければならない。(中略)大思想は平生から準備されて、行動の決断の瞬間にあたっては、おのずから軽々と成就されなければならない。
(中略)長い準備があればこそ決断は速い。そして決断の行為そのものは自分で選べるが、時期は選ぶことができない。(中略)生きるということは、向こうから、運命から自分がえらばれてある瞬間のために準備することではないか。

・武士道は死狂ひなり。一人の殺害を数十人して仕かぬるもの」と、直茂公仰せられ候。本気にては大業はならず。気違ひになりて死狂ひするまでなり。又武士道に於て分別出来れば、はや遅るるなり。忠も孝も入らず、武士道に於ては死狂ひなり。この内に忠孝はおのづから籠るべし。

・端的只今の一念より外はこれなく候。一念一念と重ねて一生なり。ここに覚え付き候へば、外に忙しき事もなく、求むることもなし。

・権之氶殿へ咄に、唯今がその時、その時が唯今なり。二つに合点している故、その時の間に合わず。

・必死の観念、一日仕切りなるべし。(中略)死期の心を観念し、朝毎に懈怠なく死して置くべし。





    「武士とは、死の職業」。もちろん、私はそのような感覚を持って仕事には臨んでおりません(そもそも、サムライの世なんて、異常な世界だと思ってますし)。現代の視点からすれば、たとえ職業軍人であったとしても、この感覚は非常に特異なものではないかと思います。

    が、政治的なイメージや「死ぬことと見つけたり」という有名な一節が独り歩きしていながらも、(私にとっては)奇妙に魅かれる書物です。(現実に侍の世であった時の書物なので)本書の中には殺す、殺されるということが日常あり得ることとして書かれているため、違和感(本書の側から私に対してのものですが)は否めませんが、それを除いては、私の現実にとって大いに参考になるものであるがためです。

    それは、何事かを(本書では「武士」)全うするに臨んだ際、それを成す為の倫理(武士道)に照らしての評価(恥であるや否や)がこれ以上ない苛烈なもの(死)であることですが、命こそとられぬものの、実人生、その中での様々な役割に於いて過ごすべき時間の真剣さは、私にも求められるものです。

    葉隠は、行動を奨励します。行動なき思索に潜む「(ある種の)卑怯さ」を蔑みます。そして、行動に必要な克己、勇気、真剣さ、忍耐、自己管理を説き続けます。

    それは、日常のあらゆる場面に於いて、ある倫理に照らして「恥じない」ことを実現させ続けるために。なにより、人生の総括に於いて自身に恥じないために。

    時間は全てそのためにあり、朝晩に於いて自己の終末を覚悟することで練り続ける胆。それは武士ならずとも、己を律し、自己の完成に向かって歩む生き方の参考になるものであり。

    たとえ「死の職業」に就かずとも、人は生き、死にます。


    どうか、悔いなき生を。

    そして、死ぬときゃ笑って。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

死狂い
すごい言葉だわ
日本人の死の思想というのは、海外の方には理解し難いみたいだよ。
サムライの切腹(彼らは大抵 ハラキリ と言う) を説明するに、
自らの死を以って罰する。
究極「刑」
だという思い違いをしてたり。
日本って恥の文化なので、恥に入ることを良しとせず、自ら死を以って恥に屈せず、みたいなさ。
現代日本なんて恥晒しばっかだよ😂

日一日を必死の観念で、というのはとても難しいなあ…。
意気込みぐらいならなんとかなるか(汗)
そうよね。
いつ死ぬかわかんないもんね。

三島は死狂いって言葉が好きだよね (´・ω・`)

No title

あきらさん、こんにちは、コメントありがとうございます。

三島さんって、「こうあるべき」って自分を縛っちゃって、人まで巻き込んで。この本、高校生の頃から読んでますが、いいなぁ、って思う反面、どこか無理が付きまとう感も拭えません。自決する気はさすがにないし。

でも、いつ死ぬかわかんないので、そこはマジメにいこうかなって思います。