FC2ブログ

自立のつもり

非常に重要な提出物の締切が目前なので、土日も今日も出社してやっつけてる。3連休は吹っ飛んだけど、それなりに興味深い課題だから、出来不出来はともかく、そんなに徒労感はない。

 土曜も日曜も、洗濯や食事やって出かけたよ。日曜は帰宅して夕飯つくったし。妻は、昨日いろいろ掃除しててくれたみたい。ありがとう。

 で、まだ提出物はまだ完成してないので、寝る前も遅くまでリビングでやってると、次男が「俺も宿題がある」とか言って、二人でも黙々と取り組んだ。

 家事も含めて、こういうことも子供が見てくれていたことを以前聞いて、うれしかったんだ。あぁ、どっかで見ててくれているだって。


 このブログを以前から読んでくれている人がいたとしたら、きっと「なんで奥さんと話し合わないのか」って、イラつくだろうなぁ、と思うことがある。

 いや、自分が他人だったらそう思うだろう。「とっとと決めろよ、タマ無し野郎!」とか思いながら。

 その通り。

 でも、何度か話し合って、全く話し合いにならなかったんだ。妻は目をそらして、何も答えず。最後まで。

 今はどうかわからないけど、ちょっとまともな話し合いができるかどうか自信がない。壊すのは簡単そうだけど。もう、家族も終わりになりそうで。

 自信がないんだよ。タマ無し野郎なんだよ。


 だから、こういうことを続けて、自分だってきちんとやってるって自信をつけたいんだ。会社だけでなく、家庭にも誠実である、と。

 だんだんと言葉を交わすことが増えてきた。で、いつか話し合おうって、思ってる。そのために毎日やってるんだ、もどかしいけど。

 話し合った後、どういうことになってもうろたえないように。避けたいことのために、大事なことまで手放さないように。そうだ、後悔しないように、自分をきちんと持つ準備を毎日してるんだ。

 いろいろやって、いろいろあって、こうやってる。試行錯誤は、これからも続くけれど。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

私の夫も何を言っても自分の気持ちを話してくれないし、最近に至っては私がどんなに訴えても聞き流してしまう事が多くなったようです。私もダメかなって思う日が何度もあって、どうして好きになったのか、結婚したのかさえ分からなくなる事もあるんですよね。
でも、思い切って大喧嘩して本音を言わせて…ショックを受ける事もあったけど本音を聞けてほっとした部分もあったのです。喧嘩したら最後じゃない。ダメだと思っても喧嘩してもっと深まる事もあるんですよねぇ。もう今年始めは最悪な位おかしくなりました。お互いに頑張りましょう!

No title

向き合うことを避けようとする人っているよね。
私も聞く気のない人に話しをするのは二回までだわ。
三度目は来ない。
だって聞きたくないって言うんだもん。
そういう態度とるんだもん。
もうこちらからのアプローチは無い。

そうなっちゃうじゃんね (´・ω・`)
向こうの思惑なんて考えたってわかんないよ。
だから話しをしようとするんだけど。
それもできないなら、もうしーらない。
ってなもんだよ。

homeさんはよくやってると思う。
ホントに。

No title

もうやめたほうがいいと、やめた経験者として思う。

きっと未来がひらける・・・はず。

No title

シャルロットさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

>思い切って大喧嘩
立派です。それができない自分はあかんなぁ、ってホント思います。かと言って話すこともせず。焦ってはいけませんが、うまくいきません。うーん。

No title

あきらさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

そうなんですよね。妻と話すのは難しい・・・。私にもいけないところはあるんでしょうが。疲れました、今日は。

No title

先輩、こんにちは。コメントありがとうございます。

もうやめようか、って思うことも、正直あります。が、本当に本気で覚悟しているわけでもないであろう中途半端さも自覚しています。

遊んでいるのか、自分は。明日は、どっちだ。

No title

長文をくださった内緒さん、貴重なご意見ありがとうございました。

以前より、私のブログを読んでいて下さったとのこと、ありがとうございます。その時感じたことを書きなぐっているだけで、ロクに読み返しもしないので、矛盾や堂々巡りは多いんだろうなって思ってました。

私は、今となっては妻の問題を私がなんとかしようとは思わなくなりました。以前は、それこそが自分の務めだと力んでいましたが。
今、困惑しているのは、その上でどう関わるのか、お互いどう必要なのかが、よくわからなくなったことでしょうか。

うまくいかなくても、格好悪くても、できるだけ人を傷つけずに何とか自分で納得を得られるよう、後悔しないよう、これからもあがいていくしかないのでしょう。

コメント、本当にありがとうございました。よかったら、また遊びにきてくださいね。